2018年6月にJR西日本とコラボして新幹線になったハローキティ。

そして時は流れて2020年。今度はロボットにトランスフォームできる(!) “新幹線のおもちゃ” になるようなんです。

いつも体を張りまくってるキティさんだけど、今回はさらにレベルアップしている印象。進化が止まらなくて目が離せないわ~!

【新幹線としても遊べます】

このたび新登場する「シンカリオン ハローキティ」はロボットに変形するプラレール。

ハローキティ新幹線」と『新幹線変形ロボ シンカリオン』のコラボによって生まれた商品で、新幹線とロボットという2種類の携帯を楽しめるアイテムなんだとか。

【ロボットは2つのモードで楽しめる!】

シンカンセンモードのときは、ハローキティ新幹線のかたち。プラレールの規格に合わせた4両編成で、レールの上を手で転がして走行させられるそうです。

そしてロボットの形態には2つのモードがあって、1つめはシンプルなデザインのシンカリオンモード。

2つめはハローキティマスクとリボンステッキを装備したハローキティモードで、どちらもめっちゃ強そう~!

ハローキティモードはヒーロー×ラブリーと異色の組み合わせですが、キティさんらしくていいのではないでしょうか。

なお手にしているリボンステッキを一振りすると「その場にいるすべての人々を幸せにすることができる」そうですよ。平和主義のキティさんっぽい~!

【別売り商品と組み合わせるとさらにスゴイことに!】

ご紹介した3つのモードだけで十分楽しめそうですが、これだけに留まらないのが今回のコラボのすごいところ。

別売りのデラックスシンカリオンシリーズの先頭車と “クロス合体” させることで、全5両の車両から成る大型のシンカリオンにパワーアップするというのです~!

【マジで世界を救ってくれそう】

おもちゃなのに、本当に世界を救ってくれそうなオーラが漂っていて、引き寄せられてしまうことウケアイ。

そんな「シンカリオン ハローキティ」の予想価格は税抜き8000円

2020年3月から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」、一部サンリオショップなどで発売されます。

販売に先がけて、2月28日にはオリジナルコラボアニメもウェブで公開予定なので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいっ☆

参照元:プレスリリースタカラトミー
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS / ©1976,2020 SANRIO CO.,LTD. / © TOMY

This slideshow requires JavaScript.