新型コロナの影響で、休園を余儀なくされていたテーマパークや動物園・水族館は数多くあります。

その中のひとつ、北海道札幌市にあるふれあい体験型動物園「ノースサファリサッポロ」。「存続の危機にあるので助けてほしい!」とクラウドファンディングで支援を募っているのですが……。

リターンの内容がいちいちブッ飛んでいて、さすが動物園!と思わず唸るラインナップなんです~!

【ライオンの毛が入ったお守り、ですと!?】

「ノースサファリサッポロ」が支援を募っているのは、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」。

のぞいてみたところ、まずもっとも安価な3000円のリターンとして用意されているのは

・ヘビの抜け殻・フクロウの羽根・ライオンの毛のいずれかが入った開運お守り
・ヘビの抜殻キーホルダー
・ビーバーがかじった木で作ったコースター

の3つで、どれも “動物園ならでは感” が強めです。

ヘビの抜け殻とフクロウの羽根は、ひょっとするとどこかで買えるかも……だけど、ライオンの毛は滅多に手に入らないのでは〜!

【「ヘビの抜け殻」ピアスがかわいい♪】

続く5000円のリターンにラインナップされているのは、

・ヘビの抜殻ピアス&お礼状
・インコの羽根ピアス&お礼状
・COVID-19 アニマル支援バンド&お礼状

「ヘビの抜け殻」お守りじゃなくてピアス!?と気になって画像を見てみたのですが、意外とかわいいっ♪

ピアスはいずれも色・形状は選べないとのことですが、それもまた届く楽しみのひとつになりそうです。

【「動物が描いた絵」に「ライオンのダメージジーンズ」!?】

そのほかには、7000円のリターンとしてサル・オットセイ・ヤギによる「動物が描いた絵」(計300枚)や、70000円のリターンとしてライオンの手(足?)を借りたガチめの「ダメージジーンズ」(50本)があるなど、ほかでは滅多に出会えないであろうアイテムの連続。

まさに “一丸となって難を乗り切る” という感じがしますね……!

クラウドファンディングで集まった支援金は、動物たちのエサ代・医療費・管理費・冷暖房費・人件費に充てるとのことです。2020年6月5日時点ではまだ目標金額に達していないようなので、気になる方はぜひ応援を!

なお、こちらのプロジェクトはAll-in方式で実施されるとのことで、目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンを届けてくれるとのことですよ〜!

参照元:CAMPFIRE
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼あなたのためだけの「エサやり動画生配信」(10000円)なんてリターンも!