「スミソニアン国立動物園」にまつわる記事

雪に喜ぶパンダが可愛すぎて萌え尽きそぉお! ごろんごろんと転がって満足げな表情なのです★

猫もコタツで丸くなる冬。ほとんどの生き物がじっと動かずに過ごすこの季節を大喜びで迎え入れているのが、中国語で「熊猫」、つまりジャイアントパンダ(以下パンダ)なんです。

もともと、寒い地域で暮らす動物であるパンダ。むしろ寒い日こそ活発に動く性質とのことで、寒さも雪もどんとこい!

アメリカ・ワシントンD.C.にあるスミソニアン国立動物園で暮らす3歳のパンダ・ベイベイ(Bei Bei)。この子の雪と戯れるのに夢中な様子が可愛らしすぎ、ほっこり癒されること必至なんです♡

→ 続きを読む

【キュン死注意報】赤ちゃんフェネックギツネの可愛すぎる食事風景をご覧ください

現地時間2月4日、米ワシントンD.C.にある「スミソニアン国立動物園(Smithsonian’s National Zoo)」で、可愛らしいフェネックギツネの赤ちゃんが2匹、誕生しました。

彼らの名前は、テディ(Teddy)とホーキー(Hokees )。大きな耳と小さな体、ウルウルとした瞳を持つ彼らが食事をする風景を同園がフェイスブックに投稿。こちらの動画が現在、大人気となっているようです。

→ 続きを読む

ゴロンゴロンゴロン…… 雪の上を転がるパンダの可愛さが神レベル

子供。丸いもの。柔らかいもの。

巷で「かわいい」と判断される要素を全て兼ね備えたジャイアントパンダのBaoBaoちゃん。ぬいぐるみの様なその風貌は、何もしていなくても癒しオーラ全開なのですが……

本日は、生まれて初めて雪と出会ったBaoBaoちゃんが思わずやってしまった珍行動を、動画サイトYouTubeからお届けします。

→ 続きを読む