アムステルダム在住のイラストレーターFlavio Salsanoさんは、コンセントやはさみ、サボテン、栓抜きなど日用品の影を使ってスケッチブックに絵を描いている作品をInstagramで公開しています。

ほっこりしたイラストに登場する多くのキャラクターたちは、それぞれ親子や恋人同士、夫婦の関係みたいです。

シンプルな線と柔らかい色合いの可愛いイラスト、ほのぼのしていてとっても癒やされる……んですが、ときどきキャラクターたちがほっこりイラストに似つかわしくないセリフを吐いていたりします。

【おろし器彼氏の素朴な心の声】

おそらく付き合いたてで、ラブラブに寄り添う泡立て器とおろし器のカップル。一見、ほのぼのとしていますが、イラスト内では「こいつ、おっぱいなくね?」という彼氏の心の声が。ふきだしではなかったのが唯一の救いです。

【冷え切った関係のフライ返し夫婦?】

絵画用のヘラのカップルが写真を撮ろうとして「はい、チーズ!」と言っているこちらの作品では、女性は全然乗り気ではない感じ。この冷え冷え度は夫婦か関係の長いカップルのはず。

きっとこの直前に男性がさぞKYな発言をして、しかもそれは全然悪気がないやつだったのでしょうね。わたしにも

【物語を感じさせる作品】

ほのぼのとしているイラストなのに、やけにリアルで生々しい。それなのに、憎めないどころか親近感を感じずにはいられないのがFlavioさんの作品の何よりの魅力。Instagramではもっとたくさんの作品を見ることができますので、気になった方は下の参照元のリンクをチェックしてみてね。

参照元:Instagram(@flaviosalsano)
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

▼Flavio Salsanoさんの作品