ムスリム(イスラム教徒)女性たちの多くが頭に被っている布、ヒジャブ。

ここ数年では、ハイブランド「ドルチェ&ガッバーナ」がヒジャブをフィーチャーしたコレクションを発表したり、ヒジャブと合わせるウエディングドレスが登場したりと、着こなしの幅が広がっているように感じられます。

マレーシア・プルリス州に暮らす21歳の女性、ミーサ(Miisa MHC)さんは、自ら “ヒジャブ・コスプレイヤー” を名乗って日々コスプレ活動にいそしんでいるようです。

【見ているこっちが楽しくなる♡】

ミーサさんのインスタグラムには、ヒジャブをまとった姿でキュートにコスプレを楽しむ姿がたっくさん! なりきるキャラクターによってヒジャブの色を変えるなど、工夫に工夫を重ねているのが見てとれて感心……そしてなにより、とっても楽しそうだから、見ていてうれしくなってきちゃうんですよね♪

【セーラームーンコスプレがめちゃんこ可愛いのです】

言うなればミーサさんは、 “ヒジャブ・コスプレイヤー” のパイオニア。

『進撃の巨人』に『刀剣乱舞』、『NARUTO -ナルト-』(ナルトの女性版・ナルコに変身)などなど、彼女のレパートリーは幅広いのですが、中でもわたしのイチ押しは『美少女戦士セーラームーン』コスプレです。

真っ白なヒジャブをお団子っぽく形作っているところが可愛いのなんの! 主人公の月野うさぎの髪型がバッチリ表現されています。

目には青いカラコン、おでこの中心には月のマーク。そもそもが橋本環奈さんを思わせる “アイドル顔” ということもあって、めちゃくちゃ似合っております。お団子とツインテールを作るのに苦労したらしいけど、その甲斐あってか、最高に萌えます~!

【YouTubeが大きなきっかけに】

ミーサさんに話をうかがったところ、「ヒジャブ・コスプレに興味を持ち始めたのは2015年12月頃」とのこと。コスプレメイク動画を配信しているユーチューバーを観たことで、独自のメイクができる人に憧れを抱くように。コスプレや自分の好きなメイクにどんどん挑戦してみよう、と決意したのだそうです。

「わたしにとってコスプレっていうのは、クリエイティブに想像力をかき立ててくれる、すてきな趣味なんです。わたしみたいな初心者からすると、メイクや小道具作りを知っていくのもまた新鮮。コスプレという分野でも、自分自身をレベルアップさせるために、新しいことをゆっくり学んでいってるっていう感じです」とミーサさん。

ヒジャブ・コスプレをもっと受け入れてもらえたら嬉しい。イベントでもっと多くのヒジャブコスプレイヤーが見れたらとても誇らしく感じる。そう話してくれたミーサさんの思いが、どうか叶いますように!

参照元:Instagram@miisa_mhc
画像=@miisa_mhc used with permission
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼『NARUTO -ナルト-』の女性版・ナルコ(2つのバージョンがあるみたい)

▼『賭けグルイ』の黄泉月るな

▼同じく『賭けグルイ』の蛇喰夢子

▼『甲鉄城のカバネリ』の四方川 菖蒲(よもがわ あやめ)