第90回目となるアカデミー賞の発表が、2018年3月5日に行われます。

ノミネートされている数々の話題作をフィーチャー、名シーンをパロディーした写真作品を撮り続けているのは、アメリカに住む写真家のマギー・ストリーノ(Maggie Storino)さん。モデルを務めているのはマギーさんの幼い娘たち3人で、2011年からスタートした試みは今年で8年目を迎えるんです。

「Don’t Call Me Oscar」と題されたプロジェクトにはホームページと公式インスタグラムがあって、こちらから作品を見ることができます。

【作品賞にノミネートされた作品をパロディー】

2018年版として公開されているのは、最多13部門でノミネートされているギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』に、 マーティン・マクドナー監督の『スリー・ビルボード』

日本でもヒットしたクリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』。アカデミー賞5部門にノミネートされたグレタ・ガーウィグ監督による青春映画『レディー・バード』

View this post on Instagram

#Dunkirk 👋 @harrystyles

A post shared by Don't Call Me Oscar (@dontcallmeoscar) on

さらにはデビュー作にして全米の話題をかっさらった、ジョーダン・ピール監督のサプライズスリラー映画『ゲット・アウト』などなど、本家アカデミー賞にノミネートされている作品をテーマにしたパロディー写真がずらりと並んでいます。

【まだまだ幼い姉妹たちの名演をご覧あれ!】

ストリーノ家3姉妹の年齢は、上から7歳(ソフィアちゃん)、5歳(サディーちゃん)、2歳 (スローンちゃん)。マギーさんは「まさか8年目になるだなんて信じられない」と海外サイト「Mashable」に語っています。この3姉妹は、生まれたときからプロジェクトに参加しているわけですね。

この撮影が、すっかり “家族で過ごす休日” の恒例イベントとなっているようで、ストリーノ家にとってはこれが日常、そしてライフワーク!

【水中での撮影では苦労したみたい】

マギーさんたちが今回特に苦労したのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』をテーマにした撮影。水の中で幻想的な写真を撮らなければならず、地元のプールを借りて水泳の練習に励んだといいます。

長女のソフィアちゃんは、占いやお告げをしてくれるオモチャ「マジック8ボール」に撮影がうまくいくかどうか相談までしていたようなのですが、結果どうなったのかは作品をご覧になっていただければ一目瞭然。完璧な仕上がりとなっております~!

個人的には、『スリー・ビルボード』に挑戦したサディーちゃんの鋭い視線がツボです。映画の主演を務めるフランシス・マクドーマンドさんにも負けず劣らずの演技を見せてくれているので、ぜひご注目を☆

参照元:Don’t Call Me OscarInstagram @dontcallmeoscarMashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼『ファントム・スレッド』*すべて2018年アカデミー賞ノミネート作品です

View this post on Instagram

#PhantomThread 👋 #DanielDayLewis & #VickyKrieps

A post shared by Don't Call Me Oscar (@dontcallmeoscar) on


▼『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』

View this post on Instagram

#ThePost 👋 #MerylStreep & @TomHanks

A post shared by Don't Call Me Oscar (@dontcallmeoscar) on


▼『君の名前で僕を呼んで』

View this post on Instagram

Call Me By Your Name 👋@tchalamet & @cmbynfilm

A post shared by Don't Call Me Oscar (@dontcallmeoscar) on


▼『ウィンストン・チャーチル / ヒトラーから世界を救った男』

View this post on Instagram

#DarkestHour ✌️#GaryOldman

A post shared by Don't Call Me Oscar (@dontcallmeoscar) on


▼おまけ:昨年のアカデミー賞で6部門を受賞した『ラ・ラ・ランド』