みなさん、ドラゴンクエストは好きですか。私は初代からずっとプレイしているくらい大好きです。そんなドラクエの冒険の世界に入り込んだような体験ができる「ドラゴンクエストVR」が2018年4月27日にオープンするというではないですか。

これまでテレビ画面に映っていた世界へ自分が入れる……。しかも、ドラクエですよ。夢のような体験とはまさにこのこと。

本日2018年4月25日、プレス限定の特別取材会があり、先行体験してきたので、どんな感じだったのか報告しますね!

結論から言うと……最高以外の言葉が見つかりませんでした!

【見渡す限りの世界がある】

『ドラクエVR』が体験できる場所は東京・新宿の「VR ZONE SHINJUKU」です。27日からのスタートに向け、すでに施設の外壁からスライムがお出迎え。フロアではコラボフードやオリジナルグッズも発売されていて、ドラクエの世界観が演出されていました。

正直、これだけでもテンションアゲアゲですが、本番はその先です。20m×12mの広い専用アリーナでVRゴーグルをかければ、ドラクエのフィールドが目の前に広がる……そう、見渡す限りの世界があるらしいのです。

【ひとは、誰かになれる】

『ドラクエVR』を体験するにあたり、まずはパーティを組みます。メンバー構成は戦士2人に魔法使い、それに僧侶を加えた4人1組。私は戦士を選ぶことに。今回は知らない人同士で組むことになりましたが、友だちと行けば一緒にプレイすることができるそうです。

そして係の人から簡単なレクチャーを受けたら、いよいよ専用アリーナへ移動です。VRゴーグルやヘッドホンといった専用武具をつけて、ついにゲームスタート! ゴーグルをつけてウロウロする姿は、はたから見ると凄まじくシュールな光景ですが、中はスゴいことになっていました。というのも……!

【想像していた世界が現実に】

映像が美麗なだけではなく、まさにドラクエの世界が目の前に広がっていたのです。フィールドへと旅立つと、前後左右からモンスターが攻めてきますが、斬ったときの衝撃といい、飛んでくる炎をガードするのといいリアル。そして何と言っても魔法が現実に! メラ! ホイミ! バイキルト!

バイキルトは戦士の剣が2倍くらいの長さになって、想像していた世界がVRを通して現実になります。マイクを通して聞こえるパーティの声も一緒に戦っている感じがして、リアリティーがありまくりです。た、た、たのしい!!

【ラスボスとの決戦は鳥肌不可避】

そして誰もが一度は使ってみたいと思ったことのある瞬間移動の呪文「ルーラ」も体験。VRならではの、崖演出や迫ってくる巨大モンスターも体験し、最後はラスボスの待つゾーマ城へ。ここで大魔王ゾーマとの決戦が始まるのですが……ぬわーーっっ!!

さすが大魔王。スゴく大きいだけではなく、迫力も半端ないです。また、放ってくる技も他のモンスターとは格が違います。パーティ全滅もあり得る中、私たちのパーティは何とかクリア。後ほど、スタッフから「連携がバッチリだった」とのお墨付きをもらったので、導かれし者たちが集まったということでしょう。

【ドラクエを超えるのはドラクエだけ】

実を言うと、VR初心者だった私。周りに迷惑をかけたらどうしようと思っていましたが、すぐに慣れてプレイすることができました。子どもでもプレイ可能なくらい操作は簡単なので、親子でも楽しく遊べそうです。

料金は3200円(施設入場料は別途800円)。対象年齢は7歳以上(13歳未満の人は保護者の同意が必要)となっています。予約必須ですが、ぜひ一度体験してみることをオススメします。やっぱりドラクエを超えるのはドラクエだけですよ。

参考リンク:ドラゴンクエストVR
ゲーム画像:© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.© BANDAI NAMCO Amusement Inc.
撮影・執筆=原田たかし (c)Pouch

▼ゲーム内ではオリジナルキャラクターの「ホミリー」が私たちをナビゲートしてくれます

▼グッズもありました