“猫カフェ” が、もしも江戸時代にあったなら……。そんな妄想(?)を見事にかたちにしてしまったのが、東京・JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」で開催される、江戸版猫カフェ 「江戸ねこ茶屋」です。

2018年6月15日から8月31日まで開催されるこちらのイベントには、本物の猫たちが大集合。その多くは保護猫だといいます。

会場内には「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ風呂」「ねこ長屋」「ねこ広場」といったゾーンが設けられるらしく、浮世絵の画像データや立体造形で、江戸の街並みと雰囲気を再現。あたかも江戸世界で生活する猫たちと一緒に過ごしているかのような気分になれるというのです~!

【猫たちと写真が撮れるんだって!】

「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる」というコンセプトの「江戸ねこ茶屋」。再現された江戸の町には猫用の出入口や通り道、階段などが配置されているようで、猫たちへの配慮であふれています。

町の中心となっているのは、猫提灯が飾られた「ねこ茶屋」。そのすぐ隣には「ねこ風呂」が、真向いには「ねこ遊郭」やおみくじを引くことができる「ねこ神社」があって、誘惑の多いこと!

View this post on Instagram

. こんにちは!ぼく、あるふぁ♂♨ 江戸ねこ茶屋の住ねこさ 逢いに来てにゃ~😽♨ . 両国、江戸の町で本物のねこと遊べる猫カフェイベント! 6/15~8/31 期間限定で開催! . You can enjoy the cat cafe in the JPN culture at Ryogoku! . #江戸ねこ茶屋 #ねこ長屋 #ねこカフェ #catcafe #instacat #catstagram #Japaneseculture #event #ryogoku #東京観光 #両国 #イベント #江戸 #墨田区 #ねこ好きさんと繋がりたい #ふわもこ部 #ねこ部 #edonekochaya ・ ・ ※体調やスケジュールにより不在の場合があります ※保護ねこのため、新しい家族の元へ引っ越す場合があります。

A post shared by 江戸ねこ茶屋 (@edonekochaya) on

各ゾーンでは猫たちと遊ぶことができるそうで、例えば猫の劇団による見世物が行われている広場を再現した「ねこ広場」では、本物の猫と一緒に、写真を撮ることができるそうなんです。

【注:猫たちを困らせないでね】

なお猫と一緒の写真は、会場内のどこででも撮影することが可能

ただし「猫を抱っこする」「大声を出す」「猫を追いかけるなど」の行為は “ご遠慮ください” とのことですので、猫たちを困らせないように気をつけましょう。また小学生以下のお子さんは入場ができないようになっているそうなので、この点予めご注意を~!

【近隣施設とのキャンペーンも実施予定】

猫と縁が深い街として知られる両国ですので、会期中は両国の近隣施設と連携して街全体を盛り上げていく予定、とのこと。

「粋な江戸の食文化を楽しむ。」がコンセプトの和食専門店が集まる「-両国- 江戸NOREN」や「すみだ北斎美術館」とのキャンペーンも実施する展望があるそうなので、こちらも楽しみです♪

【保護猫たちの力にもなれる!】

会場内にはオリジナル猫グッズを購入できるコーナーも設けられるほか、イベントの収益金の一部は保護猫問題解決のための活動支援金として寄付されるよう。手ぬぐいや豆皿のデザインは、猫がお相撲をとっていたり、お風呂に入っていたりと両国ならではの和なムード♡

楽しいだけでなく猫たちの力にもなれる「江戸ねこ茶屋」の当日チケットの料金は、大人が1500円で、中高生が1200円。お得な前売りチケットは、大人が1000円で、中高生が800円(前売り販売期間は5月10日~6月14日)となっています。

江戸の町で猫たちと遊ぶべく、お散歩がてら出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース江戸ねこ茶屋
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼オリジナル猫グッズの一部(イメージ) / クッション

▼ステッカー

▼Tシャツ

▼会場への地図はこちら

▼ツイッターには会場の様子が多数アップされています

▼キュートな猫たちが登場するインスタも見逃せません