タレントの藤本美貴さんが出演する住宅メーカー「ユニバーサルホーム」のCMがちょっとした話題となっています。

料理に掃除に洗濯にと大忙しのミキティママ。そこへ容赦なく「ママあそぼー!」という子どもの声がかかります。そのたびに「ちょっと待ってね」と答えていたママですが……。

「新居にて」というテロップが出たあとは、子どもが「ママ~」と声をかけると、台所に備え付けの食洗機のスイッチをピッ。そして娘へ笑顔で「あそぼっか」とひとこと。「やったぁ!」と喜ぶ子ども。夫も「ちょっと待ってねって言わなくなったね」とミキティママをねぎらうのでした。

新居にして暮らしやすくなってよかったね……という、幸せ家族を絵に描いたようなCMに思えますが、いったいどこが視聴者の気にかかったんでしょうか? それは……夫である父親のリアクション!

【「パパが洗えばいいんじゃ?」のツッコミ殺到】

ツイッターではこのCMに対して

・ラストにパパの「待ってね、って言わなくなったね。 (笑顔)」って台詞を聞いて「お前が洗えばいいんじゃ?」と思った。
・皿洗いが嫌だったら代わりに、ママいまお皿洗ってるからパパと遊ぼう。くらいできんのかって感じです。イラっときます
・いたんかおまえ! だよね。何第三者の顔してんだよ。パパって家族の一員じゃないの?
・このCMを作ってる責任者とか、スポンサーの担当者が男性ばかりなんじゃないかな、と思ってしまいます
・「パパが食洗機にセットしてスタートボタンを押す」流れにすれば今どきだったのに。CMプランナーの発想が昭和

といった声があがっています。CM内でパパが家事をする姿はいっさい出てこず、最後に「ちょっと待ってねって言わなくなったね」と他人ごとのようなひとことを発するのみ。「家事をするのは女性の役割」と受け取れてしまうようなつくりに皆さん、モヤモヤしたんじゃないかと思います。

【いっぽうでは異論も】

その一方では

・気にしすぎな気がする……
・夫は普段仕事してるからいいでしょ。家事が奥さんの仕事で、家事の効率化のために食洗機を導入。その成果が出たから夫がほめる。奥さんうれしい。誰も損してませんよ?
・ママが食器洗い担当という家庭を想定したCMでそのママを楽にすること事態何もおかしくはない。ましてやパパが楽をしている暇だというのは見てる人の勝手な妄想だろう
・そもそもこの家庭が専業なのな兼業なのかも分からない、もし前者なら家事は女がやって当たり前。育児に関してはある程度分担するものだが、このケースは子供に我慢を覚えさせる、もしくは一緒に手伝わせるのが正解であって、夫が責められるのは筋違いだと思うわ

など「特に問題あるとは感じない」といった声も見られました。

【ついにパパは幽霊説まで浮上】

そしてそして。やはりあのパパのあまりの他人事感に違和感を感じた人は多かったのか、

・いやこの男性は死んでしまったお父さんの霊ですよ!
・あれは産んだ覚えのない長男ですよ、亭主でなく
・まじで知らないおじさんが紛れ込んだ説

なんて珍コメントも! パパは幽霊って、『シックス・センス』的な!?

【みなさんはどう思う?】

今は共働きの夫婦も多く、「男は外で働いて女は家の中のことをする」「家事をするのは女性の役割」的な考えには反発心をいだく人も多いです。今回のCMも男性が少しでも家事を手伝っていたり子どもと遊んでいたりする場面が入っていれば、視聴者のモヤモヤ感も少なかったかもしれません。皆さんはCMを見てどう感じるでしょうか?

ちなみに、私はふだん食洗機を使っていますが、食洗機のない生活はもう考えられないほど。そういう意味では、今回のCMにあるように食洗機を導入すること自体には大賛成! 皆さん、毎日仕事に育児に忙しいのだから、便利家電でラクになるのならどんどん使って家事の効率化をはかっていきたいですね。

参照元:YouTubeTwitter検索 ユニバーサルホーム
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼ユニバーサルホームCM「ちょっと待ってね」篇