私たち女性の多くは、あたりまえのように体毛の処理をしていますが、これに異を唱える「Januhairy(ジャヌヘアリー)」というムーブメントが起こっています。

脇や脚に生えている毛を “ありのままの状態” にしておくことが、なぜいけないのか。1月(January)の1カ月間、実際に体毛を伸ばしてみて、自然な自分を受け入れてみてはどうだろう?

そんな思いのもと2018年にスタートしたこのムーブメントは今なお続いており、インスタグラムにはたくさんの女性が “チャレンジ” する様子が投稿されています。

【脇も脚も「ありのまま」】

「ジャヌヘアリー」のインスタグラムアカウントを開くと、チャレンジ写真がいーっぱい!

脇や脚、お腹などに体毛を生やした女性たちがずらりと並んでいるほか、『ル・ポールのドラァグ・レース』UK版に出演したドラァグ・クイーンのクリスタル(Crystal)さんの姿もあります。

今はちょうど1月で「ジャヌヘアリー推奨期間」にあたるので、これからも続々と投稿が増えていくのではないでしょうか。

【ムーブメントが生まれたきっかけ】

「ジャヌヘアリー」の発起人は、2018年当時学生だったローラ・ジャクソン(Laura Jackson)さん。

授業のパフォーマンスのため体毛を伸ばす必要があり、実行したところ、自然な状態の自分の体に愛着を覚えるようになったことがきっかけだったそう。

また解放され、自分に自信を持てるようになったそうなのですが、周囲からは理解を得にくかったよう。

今ではローラさんの考えを理解を示し、ムーブメントにも参加しているという母親からも、当初は「怠慢だ」と言われてしまったそうなんです。

【「ジャヌヘアリー」の背景にある思い】

体毛を伸ばしているだけで、なぜ「怠慢」なのか。どうして女性の体毛は、魅力的ではない、不快なものとしてとらえられてしまうのか。

ありのままの姿に誇りを持ち、体毛のある美しい体をほかの女性たちと共有し、祝福しあえたらいいのに……。

ローラさんはそんなふうに考えて、「ジャヌヘアリー」をスタートさせたんですって。

【視点を変えると発見がある!】

「ジャヌヘアリー」の意図を知ると、「女性の体毛は無くすべきもの」という考えになんの疑問も持っていなかった自分に気づかされます。

なぜタブーとされるのかなど、いろいろ考える良い機会となるのではないでしょうか。

参照元:Instagram @januhairy
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼「ジャヌヘアリー」は若者のための教育事前団体「Body Gossip」への支援も行っています

View this post on Instagram

Three days in to the world wide #januhairy movement, combating social pressures on what it means to be a ‘Woman’, or any identity for that matter, whilst raising money for @treesisters_official 🌱 protecting and restoring our natural habitat, as well as our bodies. How is your januhairy going so far? ‘Wait what? It’s januhairy 3rd already? Damn, isn’t it too late to join in?’ Umm NO OF COURSE NOT 🎉This is all about your individual experiences within the empowering community of Januhairy! Start now, start next week; you’re still spreading our message and challenging yourself and, in turn, fucking with the patriarchy… Visit ‘januhairy . org’ (without the spaces) for more info on the movement and the charity involved. Photo from @neonmoon whose products we are very excited to be involved with in our upcoming photo shoot! ’Waaat? A photo shoot? Wow!’. Yup, we are hosting a Januhairy photo shoot this weekend in London celebrating all beautiful hairy bodies!! There will for sure be a few little teasers on our stories all throughout the day, so keep your eyes peeled 👀 Hairy hugs!

A post shared by Januhairy (@januhairy) on

View this post on Instagram

“There was this time where puberty was just commencing and gifted me a full-blown pube-stache, and to be given a razor to snip it off was a dream. I was thrilled to remove my hair and have baby soft, hairless skin. I was excited to finally be "beautiful". Until this little fantasy turned into a nightmare. Wherein I found myself disgusting. And if I couldn't wax it off, I shaved it all. If I was too lazy to do it, I just wouldn't go out. Because I couldn't look like that when I was going out, could I? I associated myself with something untidy, unpleasant, and loving myself turned into this tedious task because I couldn't. Until I was spotless. I had to be spotless every day. I couldn't miss a patch. I couldn't feel like a "cactus". I couldn't have them calling me a cactus. Because that's how it should be, right? Because that's what they said, that's what they like. I now know I could. I could grow, and be just the way I am and be loved for it. I want to grow. And I want you to see. That I'm done. I'm wild and goddamn free.” ~ @eleanorysabelle by @jackiemaz94 via @hara_thelabel #januhairy #feminine #acceptyourself #feminist #challengeyourthoughts

A post shared by Januhairy (@januhairy) on