日本時間2020年2月10日に開催された第92回アカデミー賞授賞式に松たか子さんが登場。『アナと雪の女王2』の主題歌で歌曲賞にノミネートされている『イントゥ・ジ・アンノウン』を、世界9カ国のエルサ役キャストとともに披露しました。

日本人がアカデミー賞受賞式で歌唱パフォーマンスを行うのは今回が初めて。

アカデミー賞公式ツイッターでその模様が公開されているのです!

【松たか子さんが登場するのは中盤!】

まずステージに現れたのは、本家エルサ役のイディナ・メンゼルさんと、『イントゥ・ジ・アンノウン』で印象的な歌声を披露しているオーロラさん。

この2人だけで1番まで歌い終えた次の瞬間、松さんが「どうして 呼び続けてるの♪」と歌い継ぎます。

【海外勢トップバッターを務めています】

海外エルサ役メンバーのトップバッターを務めたにもかかわらず、見事に自分のパートを歌い上げた松たか子さん。

揺らぎのないしっかりとした歌声、堂々とした佇まいは胸を打つものがあります。

その後は9カ国のエルサたちとともに素晴らしいハーモニーを作り上げフィニッシュ。会場は大きな拍手と歓声に包まれたのでした。

【レッドカーペットの着物も素敵でした】

アカデミー賞授賞式で歌うことが決まったとき、松たか子さんは

「この度は、大変光栄な役目をいただき、感謝しております。各国のエルサ達に会える、というのは大きな喜びであり、自分以外のエルサに出会う、というのも滅多にない機会だと思います。御覧になる方々にとって楽しいひとときになるとよいなと思っています」

とコメント。

歌唱前のレッドカーペットでは美しい着物姿を披露して、9カ国のエルサたちのなかで唯一無二の輝きを放っていました。

【ぜったい観ておくべき!!!!!】

今回のパフォーマンスを観終わった瞬間、言い知れない感動で目頭が熱くなるのは私だけじゃないはず。

最高のステージとなっているので、ぜひご覧になってみてください!

参照元:プレスリリース、Twitter @TheAcademy
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:Photo by Kevin Winter/Getty Images