もうすぐ3月、新生活を前にした引っ越しシーズンがやってきますね。

猫と一緒に住める物件を探している人、引っ越しを機に猫を飼いたいと思っている人にオススメなのが、今回ご紹介する「ネコリパ不動産」!

賃貸・売買問わず猫と暮らせる物件を随時紹介していて、このサイトを通じてお部屋探しをすると、仲介手数料の一部が「ネコリパブリック」の保護猫活動に充てられます。

【猫と暮らせる物件を紹介しています】

「ネコリパ不動産」は保護猫カフェ「ネコリパブリック」と不動産管理会社「イノーヴ株式会社」とのコラボレーションによって生まれた不動産紹介ウェブサイトです。1匹でも多くの猫が保護猫を卒業できるよう、猫と暮らせる物件を増やすべく活動しています。

【ネコフレンドリーなお部屋がいっぱい!】

ラインナップされている物件は、猫が安心して暮らせるお部屋のみ。飼育に適さないと判断した場合は掲載を見送ることもあるという徹底ぶりです。

そのなかでも「ネコリパ不動産認定マーク」がついているお部屋は、より “ネコフレンドリー” 。

「脱走予防」「陽当り良好」「床、壁などが爪とぎに強い」といった、猫を飼育するにあたってオススメのポイントが3つ以上ある物件にだけつくマークなので、お部屋を探すときの参考にするといいかもしれません。

【お部屋に住むだけで保護猫の支援につながる】

そのほか「ネコリパ不動産」の管理物件で実施を拡大しているのが、「住むだけで毎月ねこ助け!222円(にゃんにゃんにゃん円)サポートシステム」

読んでそのまま、指定の物件に住むだけで、毎月の家賃のうち222円が保護猫カフェ「ネコリパブリック」の支援金となるシステムです。

「保護猫カフェでは、ねこの突然の病気で突然数十万円の医療費が必要になるなどのケースがあり、毎月安定して入ってくる固定の収入があることが保護猫カフェ運営の支えになる」

という「ネコリパ不動産」の考えに賛同した猫可物件の大家さんたちが協力。社会貢献になることから、好評を得ているといいます。

また入居者にとっても、毎月保護猫カフェ支援ができるわけで、この満足度の高さが「長く入居したい」という思いにつながっているそうなんです。

【引っ越しを考えている猫好きさんはチェック☆】

「ネコリパ不動産」が目指すのは、猫と暮らせる不動産をもっと増やすこと。

「新しい引っ越し先で猫が飼えない」といった理由で家を失う猫を減らすため、また保護猫を引き取れる環境を増やすために、日々たくさんの物件を紹介しています。

引っ越しを考えている猫好きのみなさんは、チェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:ネコリパ不動産
執筆:田端あんじ (c)Pouch

スライドショーには JavaScript が必要です。