チョコでできたグラスがついたチョコビール麦のワインなど、ユニークなビールを次々生み出す地ビールメーカー「サンクトガーレン」に、本物の桜の花と葉で風味付けをしたビール「サンクトガーレン さくら」が登場。2020年2月20日から4月中旬までの “季節限定” で販売されます。

なんとこのビール、香りも味わいも “さくらもち風味” とのこと。ビールなのにさくらもち……味の想像がつかないけど、さくら風味好きとしては飲んでみた~い!

【お米で「道明寺」を表現!?】

毎年この時期になると発売される「サンクトガーレン さくら」。

「さくら名所100選」にも選ばれている長野県伊那市高遠の八重桜の花と葉で風味づけしているほか、酒米の楽風舞(らくふうまい)を使用。お米特有の甘さをプラスすることで、道明寺のような味わいに仕上げているといいます。

【苦みを抑えて「さくらもち感」をアップ】

また、通常のビールは大麦麦芽でつくりますが、柔らかい口当たりを出すために、小麦麦芽20%を使用。さらにはビールの苦味と香りのもとになるホップの使用を抑えることで、 “さくらもち風味” を実現しているんですって。

【桜の収穫から行っています】

桜の花はサンクトガーレンのスタッフ自ら収穫し塩漬けにしているらしく、1つ1つ手間暇かけて作られていることがわかります。

ビールへの愛とこだわりを感じますし、ガブガブ一気に飲み干すのではなく、一口ずつかみしめながら味わいたくなりますよねぇ。

【お花見に持参するのにもってこい♪】

香りや味わいだけでなく、パッケージの桜デザインからも春を感じる「サンクトガーレン さくら」のお値段は、税別460円(330ml / アルコール度数5%)。

サンクトガーレン公式ネットショップをはじめ、京王百貨店新宿店、西武池袋本店、東急百貨店本店、伊勢丹立川店、イオンリカーの一部店舗で購入できます。

一足先に春を味わうもよし、お花見に持参するもよし、いろいろなかたちで “さくらもち風味” を体感してみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースサンクトガーレン
執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.