日本のみならず世界でも人気を集める展覧会「アートアクアリウム」に “常設の専用会場” が登場。2020年8月、東京・日本橋に「アートアクアリウム美術館」がオープンします。

美術館は2階建てで、その規模はこれまでの会場の約3倍

史上最大となる3万匹以上(!)もの金魚が一堂に集結するらしく、圧巻の光景を見られそうですね~っ!

【季節ごとに空間や演出が変化!】

「アートアクアリウム美術館」で体感できるのは、四季折々で変化するダイナミックな演出

作品や空間はもちろん、カフェで提供する飲食に至るまで、季節ごと趣向を凝らしていくといいます。

今年で14年目を迎える「アートアクアリウム」ですが、東京では夏にしか開催されなかったので、新たな楽しみ方ができそうっ♪

【これまでよりもっと「五感で感じる」】

また「アートアクアリウム」が創世記から掲げている “五感で感じる” についてもバージョンアップ。

日本の伝統文化と最先端のテクノロジーを駆使して、命・光・音・香・味をフル活用した “立体的な体験” を提供してくれるんですって。

【どんな展示を観られるの?】

展示される3万匹を超える金魚は、お祭りなどでよく見かける金魚から、希少な金魚までさまざま。

江戸時代の花街をイメージした「花魁道中」や、等身大以上の水柱が森のように立ち並んだ「金魚の杜」といった新エリアも加わって、過去最大の大型展示となるそうです。

そのほか明らかになっている展示予定の作品は

・三角柱のアクアリウムが40個合体した大型作品「インフィニトリアム
・地球をイメージした巨大球体水槽に錦鯉が舞う「アースアクアリウムジャポニズム
・リアルとバーチャルを融合した、掛け軸の中を金魚が泳ぐ「床掛け金魚飾り
・巨大な蓮の花をモチーフにした「ロータスリウム

といったもので、いずれも神秘的な美しさを放っています。

【これからはいつでも行けるよ~!】

文化庁開催の「日本博」でも、日本を代表する現代アートとして認可・支援を受けている「アートアクアリウム」。

これからはいつでも観に行けると思うと、胸が熱くなりますね……!

チケット券種および予約方法の詳細については7月に発表されるそうなので、公式サイトをこまめにチェックしておくといいかもしれません。

参照元:アートアクアリウムプレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.