アメリカ・フロリダ州に巨大な女性の彫刻が登場。

彫刻は胸元を開くような仕草を見せており、その内側には緑が生い茂っている様子が伺えます。

まるで「こっちへおいで」と招き入れているかのようで、とっても神秘的……!

【作品名は「繁栄」です】

巨大彫刻を手掛けたのは、アフリカ・ケープタウン出身のインスタレーションアーティスト、ダニエル・ポッパー(Daniel Popper)さん。

作品名は「THRIVE」。日本語で「繁栄」を意味します。

彫刻の大きさはなんと8m。重さは14トンにも及ぶそうで、めちゃくちゃデカいということだけは伝わってくる~!

【想像力が刺激される~っ!】

材料として使用されているのは、ガラス繊維補強セメントだそう。セメントの無機質な色合いが、青々とした緑と絶妙にマッチしていて美しいっ。

見ているとだんだん、世界が終わったあと、再び地上が自然で埋め尽くされて「繁栄」に至ったかのようなイメージが浮かんできます。

【この彫刻、どこにあると思います?】

彫刻の圧倒的存在感にも驚かされますが、もっと驚くのは、この彫刻が設置された場所

美術館などではなく、超高級レジデンス「ソサイエティ・ラス・オラス」のエントランスにドーン!と置かれているんです。

つまりは、住民たちが暮らすマンション前に設置されているということ。

マンション自体がめちゃくちゃハイクラスとはいえ、これがエントランスにあるとは……!

【ほかの作品もストーリー性があるよ】

彫刻を制作したダニエルさんのホームページやSNSには、そのほかの作品も公開されています。

ダニエルさんの手掛ける彫刻は、「自然×人間」といったモチーフが多く、背景に壮大な物語を感じさせるんです。

想像力をかき立てられる作品がずらりと並んでいるので、あわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:DANIEL POPPERfacebookInstagram @danielpopperInstagram @society.lasolas
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼制作の様子(本当にデカい)