2017年より東京駅グランスタのマスコットガールを務めていた「ふくらむちゃん」が本日、2021年3月31日をもって退社。

故郷・ふくらむ国からやってきて、早4年半。派遣社員からスタートして、今では宣伝部部長代理にまで上り詰めた、ふくらむちゃん。

直筆コメントは、ふくらむちゃんの世界観を貫きとおした文章で、最後の最後までマスコットガールの鏡だよ……(涙)。

【新しい夢が見つかったようです】

ふくらむちゃんは、ふくらむ国の妖精。へこんだ人を膨らませるのが仕事で、頑張る人たちを応援するためにグランスタに派遣されました。

今回の退社の背景には「もっと地球とふくらむ銀河との懸け橋になるような仕事にチャレンジしたい」という思いがあるみたい。

新たな夢が見つかったのは、とっても良いこと。だけどファンとしては、会えなくなるのが寂しいよ~!

【悩みすぎて痩せてしまったらしい…】

ふくらむちゃん自身も寂しく思っているようで、退職が決まった際に公開された直筆コメントには

「ちょっと痩せてしまうほど悩みましたが、自分の夢に向かってますますふくらんでいかないといかなければと決意しました」

と書かれています。今後に関しても語っており、

「4月からは銀河コンサルタントとして銀河中を高速で飛び回り、でっかい宇宙をさらに膨らませていく所存です」

とのこと。今後のふくらむちゃんの輝かしい未来を、全力で応援したいものです。

【グッズや「ふくらむちゃん柱」はどうなるの!?】

ちなみに、ふくらむちゃんの退社に伴い、グッズの販売も終了する模様。

なお、ふくらむちゃんをフィーチャーした東京駅名物「ふくらむちゃん柱」に関しては、今後どうなるか不明です。できることなら残してほしい……!

参照元:Twitter @fukuramuchanグランスタ公式
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼ふくらむちゃんからの手紙