ディズニーの名作映画『101匹わんちゃん』などで知られる犬種「ダルメシアン」は、白い体に黒のぶち模様が特徴のワンコ。アメリカでは“消防署のマスコット”として定着しているなど、根強い人気がある犬種です。

アメリカのコロラドに住むレクシー・スミス(Lexi Smith)さんの愛犬、ワイリー(Wiley)はそのダルメシアンなのですが、彼のぶち模様はちょっと“特別”。

なんとワイリーのお顔の真ん中には、立派なハート模様が鎮座ましましているのです〜!

【お鼻のハートにみんなメロメロ♡】

1歳になるワイリーのインスタグラム(@hi.wiley)は、フォロワー13万人超えの人気アカウント! ワイリーのお顔の真ん中にあるおっきなハートマークに、世界中の人々がメロメロになっています。

りりしい顔をしていても、キョトンとこちらを見上げていても、眠たげに目を閉じていても、そのお鼻にはきれいなハートマークが♡

ワイリーのあふれんばかりの愛情がお鼻からにじみ出ているように感じられて、あまりのかわいさにキュンキュンしてしまうんです〜っっ!

【小さな頃からハートつき!】

インスタグラムにはときどき、子犬の頃のワイリーの写真がアップされているのですが、どうやらワイリーのお鼻には生まれつきくっきりとハート模様があったよう。

飼い主のレクシーさんも、もちろんそのことに気づいた上でワイリーを迎えたそうですが「ダルメシアンのぶち模様は成長するにつれて形が変わることもあるし、それだけがワイリーを選んだ理由ではないのよ」と語っています。

【ベストフレンドな1人と1匹】

レクシーさんとワイリーは一緒にハイキングを楽しむこともあるそうで、楽しそうに屋外で過ごす写真もたくさんアップされていました。

どんな子だって、迎え入れれば“運命の1匹”ですが、レクシーさんとワイリーはまさしくベストフレンドという感じ! ハートマークが絆を象徴する大親友の1人と1匹、これからも仲良しでいてくださいね〜♪

参照元:Instagram @hi.wiley
執筆=森本マリ (c)Pouch