「布」にまつわる記事

リンネル 2月号の付録はふわふわの「キルティングリュック」! 小さく見えて意外と大容量だから使い勝手がいいんです

周囲にじわじわと “リュック派” が増えてきて、「自分もそろそろ大人の女性向けのリュックが欲しいな」なーんて思っていたところ……。

2018年12月19日に宝島社から発売される雑誌『リンネル 2月号』の付録に、ブランド「JOURNAL STANDARD relume(ジャーナル スタンダード レリューム)」のリュックが付いてくるという情報を耳にしたんです!

このブランドは “背伸びをしない「ちょうどよい」大人のファッション” を提案していて、カジュアルでベーシックだけど品質にはこだわりアリという、大人が望むツボをしっかりと押さえている点が特徴。

以前ご紹介した『otona MUSE 2019年 1月号』付録のリュックもハイスペックだったので、リンネルの付録にも大いに期待したいところです……!

→ 続きを読む

【すごい】自分で描いたイラストや写真で「オリジナル生地」が作れるウェブサイトが便利! 他の人の作品も購入できます

あなたは自分だけのオリジナル生地を作ることができるウェブサイト、「リアルファブリック」をご存知でしょうか。

こちらのサイトでは50cm(790円)から生地にオリジナルのプリントを施すことができるらしく、自分で描いたイラストはもちろん、写真にも対応可能。デザインした生地はなんと販売することもできるのだそうで、他の人がデザインした生地も購入できるのだとか。

“自分でデザインしたい派” はもちろん、 “他では買えない布が欲しい派” の人にも、需要がありそう~~~!

→ 続きを読む

【浴衣にも◎】風呂敷やバンダナがあっという間にバッグに! 革の持ち手「ふろしきハンド」で作るオリジナルバッグ

スカーフにストール、バンダナ。勢いで購入した風呂敷や手ぬぐい。特に女性は、家に使い道のない布がたくさんあるという方が少なくないのではないでしょうか? 実はわたしもその1人、ついこの間整理をして、泣く泣く処分したばかりです……。

しかし株式会社ウオーク社がYouTubeに公開している動画を観て、手放してしまったことをものすごーーーく後悔しています。動画が教えてくれたのは、布を簡単にバッグへと変える方法。布を皮の持ち手と組み合わせるだけで、粋なバッグへと大変身しちゃうんですよ。

→ 続きを読む

自分の手を筆代わりにしてお絵描き!「ね、簡単でしょ?」のアノ人を彷彿とさせる手法で絵を仕上げていく男性

ユーザー「AFRODİZYAK」によってYouTubeに投稿されていたのは、目からウロコな手法で絵画を仕上げていく男性の姿をとらえた映像。

キャンバスに海の絵を描いていく彼が筆の代わりに使用していたのは、布と、自分の手や指!

→ 続きを読む