shiso9
このところ、尋常じゃない暑さが続いていますね。めずらしく、私(記者)も食欲をなくしてゲンナリ気味……。これは映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』観に行って(3回めだけど)、ヒャッハー成分注入してテンション上げるしかないなと思っていたところ、Twitterでこんな情報をキャッチ。

……え、なになに、あのハーブを使ったレシピで簡単にヒャッハーできるですって!? いま話題になってるこのレシピ、作ってみるしかないでしょう!

【使うのはあのハーブ!】

あのハーブとは、皆さんも夏になると何かとお世話になる「SHISO」。「紫蘇(シソ)」のほうがわかりやすいですが、Twitterではウマすぎてヤミツキになるハーブ「SHISO」と呼ばれて盛り上がっているので、ここでもSHISOで統一したいと思います。

【作り方は簡単】

このSHISOレシピ、作り方はとにかく簡単! SHISOを束で買ってきたら、まずはよく洗いキッチンペーパーで水気をしっかり切る。つづいてタッパーなどの密閉容器に並べ、しょう油とごま油をSHISOが浸る程度に入れ冷蔵庫でひと晩置きます。以上!
shiso5

【こ、これは……!!】

仕込んだ翌朝。容器のフタを開けると、SHISOはしょう油+ごま油に浸かりきってシナシナに。葉っぱの中に液が染みこんでいるのがわかります。まずはホカホカの白ご飯に乗せてパクッ。

……こんなのおいしくないワケがないわーーーーっ!!!!

頭の中が真っ白、思わず失神しそうなほどの衝撃が体に走ります。基本的に、しょう油+ごま油の組み合わせって合うわけですが、SHISOがあるとないでは大違い! SHISOのさわやかな清涼感、風味、そしてちょっとシャクッとした食感がたまりません。これはクセになりそう。

【組み合わせいろいろ】

白ゴハンだけでなく、他にも組み合わせはいろいろ。豆腐ももちろん合うし、刺し身にもいいでしょう。記者のイチオシは“冷しゃぶ”。豚肉を巻いて食べたら白目をむくほどおいしかったです。また、SHISOを浸す液はニンニクや唐辛子を加えるなど、自分好みにアレンジも可能です。

というわけで、驚くほどお手軽にトベちゃうSHISOレシピ。包丁だけでなく火を使わないのも夏場はありがたい! 皆さんもこの夏は「SHISO」でキメて、ヒャッハーしちゃいましょう!!

参照元:NAVERまとめ
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

▼用意するものは、しょう油とごま油。お好みでニンニクや唐辛子なんかも

shiso1

▼SHISOは洗ってキッチンペーパーで水気をよく取る

shiso3

▼密閉容器にSHISOを入れ、しょう油とごま油をかける

shiso5

▼冷蔵庫で置く。ニンニク入れすぎて庫内にすごい臭いが充満した……

shiso6

▼ひと晩置いた状態

shiso7

▼冷や奴に!

shiso10

▼冷しゃぶに! 私(記者)のイチオシ

shiso11

▼Twitterで話題に! 中毒者続出の模様……