main

KADOKAWAのオリジナルフィギュアレーベル「KCAL」より第1弾商品としてリリースされるのは、その名も、顔面妄想フィギュア『僕は隠崎の顔を見たことがない』。

が、顔面妄想フィギュア……? それって一体ぜんたいどういうことなの!?

【そういうことね】

その答は商品を見れば一目瞭然、なるほど納得。黒髪ロングヘア、華奢な体つきの女の子 “隠崎さん” が、ネコと戯れたりお弁当を食べたりブリッジしたり(!)しているのですが、どれもこれも、顔が見えない!

上手い具合に顔だけが隠れており、余計に想像力をかき立てられる……。「顔面妄想フィギュア」、読んで字のごとく、そのとおりですっ。

【顔見たことないって、スゴイことですよ】

「僕が恋した女の子は優しくて、可愛らしくて、クラスではちょっと地味な存在だけれど、そんなところもとても良い。けど、1つだけ悩みがあって……僕はあの子の顔を見たことがない」

【つっこみどころ満載のポージング】

バレーボールをすれば顔面レシーブしている。猫をかまえば顔にとびつかれている。道を歩けば顔から転んでいる……。どれもこれも “隠崎さん” の顔を見ることはできないのだけれど、見えない理由からはなんとなく彼女の性格が見えてくる気が。そこからいろいろなストーリー展開を想像するのも、また一興ですよ。

【予約受付中です☆】

ミステリアス、でもユーモラス。
そんな同品の気になるラインナップは、全6種。カプセル版は1個300円で発売は5月中旬予定。全種類揃うBOX版は10個入りで税込3,240円(参考価格)。BOX版の発売日は6月下旬とまだ先ですが、ただいまAmazonなどの通販サイトで絶賛予約注文受付中。気になった方はさっそく、チェックしてみてくれよな!

参照元:PR TIMES,カプセルトイレーベル「KCAL」公式Twitter,Amazon
執筆=田端あんじ (c)Pouch