毎週木曜夜10時よりフジテレビ系で放送中のドラマ、『人は見た目が100パーセント』には、女子にとっての “イマドキのオシャレあるある” がこれでもかというほどに詰まっています。

製紙素材の研究に日夜没頭する女子力ゼロの理系女子 “女子モドキ” 3人が、大手化粧品メーカーに吸収されたことを機に、ビューティー研究をスタート。流行りのファッションやメイク、ヘアスタイルなどについて真面目に考察、自分自身に取り入れようと奮闘するのですが失敗ばかりで……というのがこれまでの流れです。

【女子にとっての「わかる~!」がいっぱい!】

現在第4話までが放送されたわけなのですが、ここまでに出てきたビューティー研究のテーマは「うさぎ顔メイク」「クラッチバッグ」「オフショルダー」「ダメージデニム」といった具合に、ここ最近ファッション誌をにぎわせているワードがたっくさん! 共通しているのは、オシャレ素人が挑戦するにはどれもやや難易度が高めである、という点です。

桐谷美玲さん演じる城之内さんをはじめ、佐藤さん(ブルゾンちえみさん)、前田さん(水川あさみさん)の3人がなにか失敗をやらかすたびに「わかる~~~!!!」と首をブンブン縦に振ってしまうのでありますっ。

第1話:イマドキのメイクあるある

・流行りの “濡れたようなまぶた” を作れるグロスアイシャドウ。でも一見するとそのビジュアルは “くちびる用のリップグロス” そっくりで、うっかり間違えそうになる。つーか、グロスアイシャドウと知らなかったら間違いなく、くちびるに塗っちゃうなコレ。

・うさぎは寂しいと死ぬ(といわれている)……というわけで、孤独死しないためにモテ顔「うさぎ顔メイク」に挑戦☆ →目元真っ赤で「結膜炎ですか? うつさないでくださいね」などと言われ終了。

・緑とかピンクとか紫とか……カラー下地ってなんなのよ?
・ルースパウダーってなに? ルースー(肉絲)麺なら知ってるんだけど……。

第2話:クラッチバッグ苦労あるある

・荷物が全然入らない。全部入れようとするとパンパンになってダサくなるし、みんな一体どうしているの~~~!?
・持ち方を失敗すると「集金のおばさん」「集金泥棒」みたいになる。
・どうにか持ち歩くことに成功! だけど……いざトイレに入ったら置く場所がない! 仕方がないから口にくわえて用を足しましたとさ。

第3話:オフショルダー苦労あるある

・オフショルダーって、インナー何着たらいいの? 下着のひもをズラすとか? それともまさか、何も着ないの!?
・着こなしが難しい。肩を “出してる” つもりなのに「間違えて出ちゃってる」「洗濯失敗した人」などに見えてしまう。
・そして実際に、洗濯に失敗しがち。乾燥機にかけると縮んでしまって、オフショルダーではなくフツーの服になる。
・オフショルダーは男性受けナンバーワンの “モテ服” らしい……男性はオフショルダーの何に魅力を感じているの? その答えは「胸見えそうだから →×」「鎖骨の美しさにセクシーさを感じる →◎」

*なお鎖骨がない人は、メイクかマッサージで作れるよ~!(ドラマで披露された「鎖骨体操」がネットで話題になりました)

👟 鎖骨体操 👟 #japan

A post shared by ブルゾンちえみ / BURUZON CHIEMI (@buruzon333) on

第4話:カットオフデニム&ダメージデニムあるある

・今年は裾を切りっぱなしにする「カットオフデニム」がキテるらしい。手持ちのデニムをカットしても作れるけど……パンタロンは切っちゃダメ!(ケミカルウォッシュも論外)
・ダメージデニムは、そもそもキラキラ輝いている人でないと着こなしが難しい
・ボロボロに傷ついている人が、ダメージデニムよりさらにダメージの大きいクラッシュデニムをはいた日にゃあ、それはそれは可哀そうなことになってしまう……。

⚡️人は見た目が100パーセント⚡️ #4話 #japan

A post shared by ブルゾンちえみ / BURUZON CHIEMI (@buruzon333) on

【ブルゾンさんがいい味出してるのよコレが】

う~ん、どれもあるある! わたし的にじわじわきたのは、クラッチバッグの持ち方に関するくだり。角度や位置によってはたしかに、「集金に来た人」に見えなくもないもんね!

このように、毎度難解なテーマが登場するけれど、 “失敗あるある” と同時にしっかり攻略法も教えてくれるからありがたいっ♪

3人のやり取り、そして3人を鍛えようとするオネエな上司・國木田(鈴木浩介さん)のコミカルな演技。さらには城之内の不器用すぎる恋愛模様などなど、ほかにも見どころはたくさんありますが、個人的にはブルゾンちえみさんの好演にも注目していきたいところです。

『人は見た目が100パーセント』はクスッと笑えてちょっぴり切なく、それでいてと~っても参考になる、イマドキオシャレを極めたい人にとっては必見なドラマとなっております。 まだ観ていないという方は、ぜひぜひチェックしてみてくださいっ☆

参照元:フジテレビTwitter @hitopa_fujiInstagram @buruzon333Instagram @mizukawa_asami
執筆=田端あんじ(c)Pouch

▼鎖骨体操で鎖骨を目立たせちゃお♡

さこつ体操👭 #ひとぱー

A post shared by 水川あさみ (@mizukawa_asami) on

▼クラッチバッグは疲れるから、いざというとき肩にかけられるチェーン付きを選ぶといいんだってさ(わかる)