11月3日から公開中のホラー映画『IT / イット “それ” が見えたら、終わり。』。公開3日間で2.8億円の興行収入を超え、大ヒットを記録しているみたい。

けれども実はいま、別のことでも大きな話題になっていることが……! それは子どもたちを恐怖のドン底に陥れるピエロ役の俳優が、本当はものすごいイケメンだということ。

不気味な殺人ピエロと超美形すぎる素顔……このギャップにはたしかにビックリ!

【殺人ピエロが帰ってきた!】

原作は『スタンド・バイ・ミー』を書いた小説家、スティーブン・キングの作品「IT / イット」。1990年にテレビドラマ化されたものをリメイクしたのがこの映画です。

映画には、原作やドラマと同様に邪悪な殺人ピエロ・ペニーワイズが登場。その恐ろしさをいかんなく発揮しています。

白く塗りつぶした顔面、両目の真ん中に縦に入った真っ赤なライン、ニヤーッと笑みを浮かべる口元など、画像を見ているだけでもピエロ恐怖症になっちゃいそう……!

【素顔はイケメンすぎるスウェーデン人俳優】

この映画で、殺人ピエロ、ペニー・ワイズを演じたのはビル・スカルスガルドという27歳のスウェーデン人俳優さん。

ちょっくら彼の素顔を見てみると……彫りの深い整った顔立ちにスラリと長い手足。やば、たしかにめちゃくちゃイケメンじゃないかよぉぉーっ!

【ツイッターでも話題に!】

ちなみにビルさんはモデルではなく、俳優一家の出身とのこと。この顔にスタイルならランウェイを歩いていても、なんらおかしくないですね。

ツイッターでは「映画観てるときはオッサンが演じてるのなかと思ってたら、192㎝もあるイケメン俳優でビビる」「むしろ素顔だとイケメンについてって事件発生するというハーメルン現象」「化粧って怖いなー(棒)」なんて声があがっています。

【このギャップ、すごい】

こんな見目麗しい若者があんな不気味すぎる殺人ピエロへと変貌するなんて……俳優ってやっぱすごい! しかも、ピエロって小柄なイメージがありますが、彼は身長192㎝もあるそうで……子役の子たちの恐怖心も尋常じゃなかったのでは。

映画の内容もさることながら、ピエロ役俳優ビル・スカルスガルドのギャップも見逃せないポイントといえるかもしれません。……さっそく今週末にでも観に行っちゃう?

参照元:映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』オフィシャルサイトFacebook
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼手足長い!

▼かみを下ろすとセクシーです

▼しゃべっている様子はこちら