タレントのりゅうちぇるさんが、“RYUCHELL” 名義でアーティスト活動を開始。デビュー曲となる『Hands up!! If you’re Awesome』が2018年2月14日よりリリースされ、ミュージックビデオ(以下、MV)も公開されています。

MVで表現されているのは、RYUCHELLさんが大好きだという90年代の世界観。

自身も手掛けたという歌詞には、RYUCHELLさんがこれまで一貫して伝えようとしてきた「ありのままの自分を表現しよう」という思いが込められていて、サウンドはもちろんヘアメイクもカメラワークも、完全に RYUCHELLワールド ~! ブレない姿勢に、わたしは感動さえ覚えてしまいましたよ。

【制作陣がとにかく豪華】

水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさんが、作曲を担当。ダンスのディレクションは三浦大知さんなどのMVやライブを手がけるSHOTAさんが、そして振り付けはリオオリンピック閉会式「トーキョーショー」にも出演したダンサーデュオAyaBambiのBambi Nakaさんが担当。

【りゅうちぇる自ら企画から参加!】

万全の布陣で作り上げられたMVの企画コンテはRYUCHELLさん自ら作成したらしく、一から作品づくりに関わろうとするその姿勢は、まさに真のアーティスト。カメラワークもメイクのディレクションも行ったそうで、ここまでやったからこそ、完璧な “RYUCHELLワールド” が作り上げられたのだといえましょう。

【安室ちゃんとかT.M.Revolutionを思い出す~!】

中でも特に目がいったのは、MVに出てくるファッション

厚底ブーツに真っ白なへそ出しボディコンをあわせた女性ダンサーたちは、まさしく90年代にテレビでよく見かけた女の子たちそのまんま。RYUCHELLさんさんが身にまとうスケルトン衣装も当時活躍していたアーティストを彷彿とさせるもので、90年代にティーンだったわたしにとっては、ただただ懐かしい~っ。

当時の特徴をしっかり捉えていて、よく見てるなあ〜と感心せずにはいられませんし、細部にこだわっている点に、90年代の文化に対する深い愛とリスペクトを感じます。それにね、歌詞にもめちゃくちゃ勇気づけられるの!

【批判の声もあったようだけど…】

公開から10日間過ぎた時点でのMVの再生回数は、73万4000回超。

RYUCHELLさんのインスタグラムによれば、応援のコメントがたくさんあった一方で、批判的な声も多数寄せられたのだとか。バッシングを受けたことで、テレビに出始めたばかりの頃を思い出したといいます。

「いじめられるのが怖くて自分を隠してた時よりも、皆さんに本当の自分をようやく表現出来た幸せの方が、はるかに幸せで、そして受け入れてくださった方々もたくさんいて、とても嬉しくて頑張りたいと思いました」

それでもRYUCHELLさんは、「僕は何を言われても、ありのままの自分を自信を持って表現できるパパの姿を、子供に見せたいです。自分に嘘をついていたら子供に何も教えられません」と宣言。

このコメントに対し、
「とても素敵な考え」
「心から応援します」
「『出る杭は打たれる』それだけ有名になったってことじゃないですか。素晴らしい」
「りゅうちぇるのブレない感じがだいすきです」

といった応援の声がたくさん寄せられていたのが印象的でした。

わたしはアーティスト “RYUCHELL” の、そしてタレント・りゅうちぇるさんの、1本筋の通った考え方がとっても好きです。これからも応援してるから、ちばりよ~(頑張れ~/ 沖縄弁)!

参照元:YouTubeInstagram @ryuzi33world929
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼MVはこちら / オープニングにもこだわってます

▼流行に流されないってスゴイことだと思うの

View this post on Instagram

「Hands Up!! If you're Awesome」たくさんの方がダウンロードしてくださり、そしてMVもたくさんの方にみていただいて、僕の大好きな世界観を発信出来て心から幸せです。ありがとうこざいます😭💜🎉 RYUCHELLが今スタートして、 暖かいコメントをたくさんいただいて、 僕自身不安な気持ちもあったからこそ、 皆さんからのコメントは、全て、皆さんが思う以上に、僕にパワーをくれています。全部、全部、読んでます。ありがとうこざいます。 暖かいコメントの中にも、 「こんな親は嫌だ」「産まれてくる子供が可哀想」「歌を出すのは間違い」「ダサすぎて見てられない」 というコメントもたくさん見ました。 初めてテレビに出させていただいた時も、たくさん批判のコメントが来て、その感覚を久しぶりに思い出しました。 「二度とテレビに出ないでほしい」「どうせビジネスカップル」 たくさんたくさん叩かれたけど、でも何より、学生時代に、いじめられるのが怖くて自分を隠してた時よりも、皆さんに本当の自分をようやく表現出来た幸せの方が、はるかに幸せで、そして受け入れてくださった方々もたくさんいて、とても嬉しくて頑張りたいと思いました。 僕は何を言われても、ありのままの自分を自信を持って表現できるパパの姿を、子供に見せたいです。僕は、自分に嘘をついていたら子供に何も教えられません。ルールやマナーを守ることも大切、協調性も必要だけど、個性を大切に、個性を伸ばしてあげられる親になりたいです。それを行動で、子供に見せる事が出来る親でいたい。まだスタート地点、1曲目で歌を出すのが正解か、不正解かで判断されるのも、正直受け入れられなくて、悔しくて、だから、そういう皆さんからのコメントは、受け入れられないけど、全部受け止めます。そして頑張ります。 ただ、僕は、皆さんに、歌という作品を初めて届ける事が出来て、何より、とても嬉しくて、楽しくて、ドキドキが止まらなくて、ものすごく幸せです😭❤️🎶 何より1人でも多くの人に歌が届いてほしいです。だけど、自分の個性やこだわりは捨てたくないです。捨てたら僕が歌をやる意味がないからです。難しいかもしれないけど、まだまだ、歌を通して伝えさせていただきたいこと、たくさんたくさんこの胸に溢れています。皆さんに発信したいパワーは日々成長しています。今後も何があろうと自分らしく走り続けます。応援、宜しくおねがいいたします🙏🏾🌈🎉

A post shared by RYUCHELL (@ryuzi33world929) on