今年のGWは、うまく休みがとれたら9連休。「どこか海外旅行にでも行きたいな~♡」と、アレコレ計画を立てている人も少なくないかと思うんです。

たとえば “奇跡の絶景” と称される、南米ボリビア西部にある「ウユニ塩湖」は、一生に一度は訪れてみたい世界的観光名所。乾季には見渡すかぎり続く真っ白な世界が、雨季には湖面にうっすら雨水が張ることで “天空の鏡” と呼ばれる光景が出現。

だけど……ウユニ塩湖って地球の裏側にあるから、めちゃくちゃ遠いんですよね。

さてみなさん、そんなウユニ塩湖によく似た景色を持つ場所がここ日本にもあるということを、ご存知でしたでしょうか?

【ウユニ塩湖に行きたいけど行けない…そんな人は香川県へGO~!】

その場所とは、 “うどん県” こと香川県三豊(みとよ)市の父母ヶ浜(ちちぶがはま)。約1kmのロングビーチがある穏やかな海水浴場で、夏には多くの海水浴客でにぎわっているといいます。

父母ヶ浜で見られる美しい夕陽は「日本の夕陽百選」にも選ばれているらしく、最近では、ウユニ塩湖で見られるような “天空の鏡” のような写真が撮影できると話題になっているようなんです。

【絶景が見られる「条件」を覚えておこう】

三豊市観光交流局のホームページによれば、天空の鏡のような絶景を見ることができる条件は、

・干潮と日の入り時刻の重なる時
・風がなく水面が波立たない時
・日の入り前後約30分間のマジックアワー

の3つ。

干潮と日の入りが重なった瞬間の父母ヶ浜は夢のように美しく、キラキラと透きとおる水面はまさに、ウユニ塩湖の “天空の鏡” を連想させます。

スマホで絶景写真を撮るポイントは、先ほどあげた条件のときに「浜辺に現れる大きな潮だまりを利用」すること。

そうすると、まるでウユニ塩湖に行って撮影してきたかのようなインスタ映え写真が撮れるってなわけ~☆

【GWの旅行先としては最適です♪】

絶景が見られる日にちと時間帯の予想、そして詳しいアクセス方法を知りたい方は、三豊市観光交流局のホームページをチェックしてみてください。

父母ヶ浜なら国内なので足を運びやすいですし、絶景だけでなく美味しいうどんも堪能できそうだしで、イイコト尽くめだと思いますよぉ!

参照元:三豊市観光交流局[1][2]
写真提供:三豊市観光交流局
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼とにかく美しい場所なので、行くだけで癒されそうです