フィンランドに暮らす29歳の女性・エッシー(Essi)さんの相棒は、4歳になる黒猫の男の子・ヌカ(Nuka)くん。1人と1匹の仲睦まじい暮らしぶりは、エッシーさんのインスタグラムからチェックすることができます。

2018年5月15日に公開されたのは、バルコニーの手すりの付近に手をかけて、ビックリしたような表情を浮かべたヌカくんのショット。

目を大きくまんまるに見開いておりますが……ヌカくんは一体なぜ、このような顔をしているのでしょうか!?

【なにこれすごいすごい!】

海外サイト「Bored Panda」によると、なんとヌカくんはこれまで1度も外に出たことがなかったのだそう。そもそも “すべてにおいて臆病な子” らしく、どうやら初のバルコニー体験に驚きを隠せなかったようなんです。

【すっかりお気に入りの場所に】

ヌカくんは、エッシーさんと一緒ならばバルコニーを存分に満喫できているよう。雨の日に外に出してもらえないと、かんしゃくを起こしてしまうくらいには、お気に入りの場所となったようなんです。

【今興味があるのは「鳥」です】

今はバルコニーから見える鳥たちに、興味津々の様子。ただし捕まえようとする様子はなく、ただ座ってじーっと見つめているだけなのだといいます。

エッシーさんによると、ヌカくんには運動神経にやや問題を抱えているらしく、ジャンプのような動きが不得意とのこと。獣医さんに診てもらったところ、異常は見つからなかったそうなのですが、そんな心配があるからこそ、家猫として可愛がっていたのかもしれません。

ヌカくんがバルコニーから落ちてしまわないように専用窓を設置することも考えているというエッシーさん。ヌカくんのバルコニーライフは、これから先、ますます充実したものとなりそうですね♪

参照元:Instagram @whererainbowsdieBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼漫画みたいな表情するなぁ(笑)

▼ところでエッシーさんちのバルコニー、めちゃめちゃ素敵なんですよね

View this post on Instagram

My new favourite cozy spot. #home #summer #happyplace #balcony

A post shared by Essi (@whererainbowsdie) on