ナイトプールでの必須アイテムといえば、インスタ映えする浮き輪。

ドーナツ型だったりフラミンゴ型だったりとその種類は多岐に渡っておりまして、すべてがすべてポップ&カラフル~♡ ボート型のものはもうすでに「輪」じゃないけど、それでも浮き輪です。こうしたポップな浮き輪、水辺でセルフィーするなら絶対に欠かせないわけなのですが……このたび、ポップでカラフルなんだけどちょっぴり不穏なボート型浮き輪を見つけてしまったんですよね。

【いや、「棺型」って!】

一体どんな浮き輪なのかと言いますと、驚くなかれ、棺のかたちをしているんですよ! 棺ですよ、か・ん・お・け!! 色こそ可愛らしいピンクなのだけれど、なにせ棺。しかもフタまで付いているという芸の細かさで、海で見かけたら2度見してしまいそうだよ~!

【デザイナー「3年前から作りたいと思ってた」】

目にした瞬間に度肝を抜かれる “棺浮き輪” を制作したのは、カナダのデザイナー、アンドリュー・グリーンバウム(Andrew Greenbaum)さん。

インスタグラムによれば、今から3年前にインテリアデザインと家具デザインを手がけるイアン・フェルトン(Ian Felton)さんとともに考案したらしく、このたびサンプルを作ることができる人が見つかったので作ってみたのだといいます。

【ツイッターでバズりまくるの巻】

陽気なんだか陰気なんだかよくわからなくなってしまう “棺浮き輪” は、ツイッターで話題沸騰中。コメントもたくさん集まっておりまして、

「太陽の下で楽しんでいたら、いつの間にか中で死んでいそう」
「いいじゃん。黒はないの?」
「黒だと、中に入ったらもっと暑くなっちゃうから……」
「俺をこの中に入れて川に流してほしい」

といった具合に、つぶやかれている内容までもが、軒並み不穏だったのでした。

【注:まだ商品化されてません】

ちなみに “棺浮き輪” は商品化されていないのですが、グリーンバウムさんによると、今後はクラウドファンディングなどで資金を調達したいという展望があるようです。

ツイッターで思いっきりバズっている状況を見るに、プロジェクトを立ち上げたら、秒で資金が集まっちゃうかも!?

参照元:Instagram@ andrew_greenbum、Twitter[1][2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼フタは独立しているので、ビーチマットとしても使えそうですねぇ