ユニコーンの形をしたゴムボートは、インスタ映えバッチリ。ナイトプールで思いっきり目立つことができそうですが……無数の雑草が浮かんでいるような湖で遊ぶのは厳しいかも!?

そのことを証明してくれたのが、アメリカ・ミネソタ州の郡保安官事務所がツイッターに投稿した、1本の動画です。

近所のフィッシュ湖周辺を車で走っていた保安官代理が見つけたのは、ユニコーンのゴムボートで遊ぶ3人の女性たち。しかしなにやら様子が変で、よ~く見てみたら、雑草に邪魔されて動けなくなっているではありませんか!

【ツイッター映えする動画が爆誕】

現場に急行した保安官代理は、ボートの上にいる女性たちにロープを投げます。その後はエンヤコラサと引っ張って、無事救出することに成功したようです。

動画には笑い声も入っていて、 “救出劇” とは思えないほど終始和やかなムード。

ゆっくりヨチヨチとロープに引っ張られるユニコーンの姿もとてもシュールで、ジワジワ度高めでございます。この動画……インスタ映えって言うより、完全にツイッター映えしとるな!?

【コメントもたくさん寄せられています】

ユニコーン救出動画についた「いいね」は9500超。コメントもたくさん集まっていて、

「ユニコーンでさえ助けを求めるのですね」
「助けてくれてありがとう」
「救出してる人独身かな?」

といった具合に好意的な声に溢れています。

中には「わたしたちがフラミンゴボートで同じ目に遭ったときはよろしくおねがいします」とつぶやいている人もいて、保安官事務所のツイッターは「努力します」と返していました。ああ、なんて優しい世界なんでしょ~!

【哀愁たっぷりな後姿にもじわり】

水辺でのハプニングは往々にして起こるものですが……明らかに雑草が密集しているような湖では、最初から遊ばないほうが無難かもしれませんねぇ。

ちなみにツイッターにはユニコーンボートを見つめる保安官代理の後ろ姿を写したショットも投稿されているのですが、どうしたものかと途方に暮れているような様子に哀愁を感じ、同時にじわじわきてしまいました。とにもかくにも、みなさんが無事でなによりで~す!

参照元:Twitter @ChisagoCountySOMashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼ユニコーンがジタバタしててかわいい

▼それにしてもなぜここで遊ぼうと思ったんでしょうか(笑)