新郎新婦がそれぞれの部屋で挙式の準備を終えた後、初めてお互いの姿を見せ合うセレモニー「ファーストルック」

日本では「ファーストミート」と呼ばれることが多いこの記念すべき瞬間に、驚きのサプライズを仕掛けたのは、アメリカ・インディアナ州スペンサーで式を挙げた24歳の花嫁ニコール・スミス(Nicole Smith)さんです。

サプライズのターゲットは25歳の新郎・アンドリュー・ライト(Andrew Wright)さん。出会いはなんと13歳のときで、このたびめでたく結ばれたのだといいます。

【花嫁が…いかつい男になってるーっ!?】

アンドリューさんが振り返ったとき、そこにはウェディングドレスに身を包んだニコールさんが立っている……はずだったのですが、実際にいたのはウェディングドレスを着たマッチョ男性!

まさかのドッキリに、果たして新郎はどんなリアクションを見せたのでしょう?

【仕掛け人は新郎の親友です】

マッチョ男性の正体は、アンドリューさんの親友で24歳のカイ・スタチョウスキ(Kye Stachowski)さん。

海外サイト「The Indianapolis Star」の報道によれば、アンドリューさんとカイさんが出会ったのは6年前。ふたりは通っていたパデュー大学の寮で同じ階に住んでいたことから仲良くなったらしく、ニコールさんも含めた全員が同じ大学の卒業生なんですって。

【どんなリアクションを見せてくれるんでしょ】

サプライズのためカイさんが着用したのは、ニコールさんの姉妹が着用したドレス。

ヴェールをつけ、ブーケを手にしたケイさんが、まさか自分の背後に忍び寄っていることなど予想だにしていないアンドリューさんは、花嫁が来るのをニコニコしながら待っています。

【大爆笑で幕を閉じ…サプライズは大成功!】

このときのことを「TODAY」に語っていたのは、撮影を担当したウェディングフォトグラファーのベリンダ・ラッセル(Belinda Russell)さん。

アンドリューさんとケイさんがついに “ご対面” を果たした際にはふたりは2~3分ほど笑い続けていたそうで、その様子をとらえたと思われる顔をつきあわせて大爆笑しているショットは、家宝にしてもいいくらい素敵な写真~!

【最高の妻と最高の友がいる新郎は幸せ者ですね♡】

登場人物全員がかわいい今回のエピソードの中で、ダントツでかわいかったのはやはり、終始ノリノリでドッキリ仕掛け人を演じたカイさんなのではないでしょうか。

カイさんは「The Indianapolis Star」に対し「ドレスは着たことなかったけど、やってみたいと思った」と語っておりまして、最初からやる気満々。

サイズのあうハイヒールが見つからなくて悲しい思いをし、代わりに革靴を履いたなんてもう、あまりにも愛おしすぎる……!

参照元:FacebookThe Indianapolis StarTODAY
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼バックハグからの…

▼サプライズ!





▼ドレス、すご~く似合ってますね♡