AIやロボットがそこかしこで活躍している現代社会。その勢いはとどまることを知らず、とうとう “婚活パーティ” にまで参入してきたようなんです。

サイバーエージェントが2019年2月9日に開催したのは「ロボット婚活」

男女がテーブルを挟んで対面するところまでは通常の婚活パーティと同じなのですが、会話をするのは人ではなくロボット

人間は一言も話さないままパーティが進行していくという、超絶シュールな展開が繰り広げられていたようなんです……!

【初対面でのコミュニケーションに不安を感じている人に】

人間の代わりに自己紹介や会話をしてくれるのは、参加者の前に置かれたモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」。想像するとギャグかドッキリみたいですが、発案元は大真面目

マッチングサービスが増えて、出会いのチャンスが増えたものの、「初対面で何を話したらいいのかわからない」とコミュニケーションに不安を感じている人が多く、 せっかくの出会いの場を活かしきれていないというのが現状。この状況をどうにか改善できないかと企画されたのが「ロボット婚活」でした。

【マッチング率は予想以上に高め!?】

気になるのは「ロボット婚活」の結果です。

当日は「ロボットの会話代行のみ」「ロボットの会話代行の後、参加者同士も会話をする」の2部制で実施。一般公募で集まった男女32名が、「ロボット婚活」を体験して、4組のマッチングが成立したそう。

【参加者の感想が興味深い】

インタビュー調査によると参加者からは、

「普段は好みのタイプではない相手の方だったが、ロボットの対話から共通点を知ることができたのでフリートークが盛り上がった。そこからお相手に興味が出た」
「ロボットの対話中は話す必要がないので、お相手の情報のインプットに集中できた。興味がわき、直接話したいと思った」
「ロボット同士が話していることが面白かった。会話の内容に聞き入った」

といった声が上がっていました。たしかに、ロボットが話しているという状況自体が面白いですし、それが会話のきっかけにもなりそうです。

【言いにくい・聞きにくいこともロボットなら大丈夫!?】

婚活パーティなどで「緊張して上手くアピールできなかった」という経験をしている人は少なくないはず。

また「自分からは直接言いにくいアピールポイント」や「少し聞きづらい相手への質問」なども、ロボットの口からなら言いやすいのではないでしょうか。

そう考えると合理的にも思えてくる、「ロボット婚活」。今後こういった婚活パーティがどんどん増えていくかも!?

参照元:株式会社サイバーエージェントロボットが会話を代行する婚活パーティ in 竹芝
執筆=田端あんじ (c)Pouch