“おひとり様” 向けのサービスが日々増えていっている昨今。 Pouch でも「ステキなぼっちの日」と称して、「ぼっちナイトプール」「ぼっちBBQ」「ぼっちウェディング」など、これまでにたくさんの “ぼっち企画” を紹介してまいりました。

そんなぼっちネタばかりに焦点を当ててきたわたしたちが今回注目したのは、「ソロ送別会」

大坂・兵庫の和食レストラン「ごちそう村」20店舗で行われているという「ソロ送別会」コースは、もちろん、おひとり様限定。送別会なのに1人きりというのはなかなかキツいものがありそうですが……一体どんなプランになっているんでしょうかね!?

【どんなことをしてもらえるの?】

「ソロ送別会」コースを予約できる期間は、ちょうど送別会が立て込む時期と重なる、2019年3月1日から31日までの1カ月間。

お店のスタッフと一緒に “最初の乾杯” を行い、「おつかれさまでした」と書かれたデザートプレートを提供してもらい、記念撮影と寄せ書き色紙を進呈されるという流れで、なるほど、こりゃ完全に送別会だわ……!

【色紙には何が書かれているの?】

だけど……個人的には、乾杯や記念撮影はともかく、寄せ書き色紙にどんなことが書かれているのか気になって仕方がありません。

だって常連でないかぎりはお店のスタッフとは縁もゆかりもないどころか “初対面” なわけですし、「こんなことがあったね!」と架空のメッセージを書かれた日にゃあ、その瞬間に我に返ってしまいそうだから……。

【安心してください、テンプレートです】

というわけでこのあたりを調べてみたところ、色紙に書かれる内容は “テンプレート” とのこと。

「君ならできる!」とか、「もっと一緒に働きたかったです」とか、普遍的なメッセージばかりのようなので、頑張れば妄想で補えそうです~。

【送別されない人のためにできたコース】

そしてもうひとつ気になったのは、「ソロ送別会」が生まれた背景

「ごちそう村」によれば、きっかけは「退職したけれど、誰にも送別会をしてもらえなかった」という声があったこと。

送別されない人のニーズに気がついた結果、スタッフが盛大にお祝いし送り出してあげられるこの企画を思いついたんですって。

【注:花束は自分で用意してください】

ちなみに「ソロ送別会」コースのお料理は、前菜・サラダ・お造り舟盛り・天ぷら・選べるメイン・お寿司盛り・デザートの、全7品。コース料金はメイン料理の種類で金額が変わりますが、3000円〜4000円となっていて2日前までに予約することが必須だそう。

なお花束に関しては「自分で持参するように」とのことですので、必要であれば忘れることのないように~! 関西にお住まいのぼっちのみなさんは、体験してみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼実際どんな気持ちになるんだろ…