2019年7月22日に突如ネット上にあらわれ、注目を集めていたのが、日清のどん兵衛によるスペシャルサイト「イヤァオ漢字ドリル」

プロレスラーの中邑真輔さんが不敵な笑みが気になるこのサイト。漢字ドリルという名のとおり、「漢字の問題に答えていくことで “丑の日” について学べる」というのですが……。なんかこのサイト、ちょっと、いやかなり変だゾ!?

【「否応なし」ってなんて読む?】

一体ぜんたい何が「変」なのかは、問題を解けば一目瞭然です。

たとえば第1問「否応なしの読み方は?」で「いやおうなし」と書き込むと……なんと答えは不正解! 正解は「イヤァオなし」らしく、なにがなんだかわけがわかりません。

【「イヤァオ」でゲシュタルト崩壊しそう】

その後もどんどん回答していきましたが、答えはぜんぶ「イヤァオ」

「真夏の太陽」が「まなつのたイヤァオ」だったり、「容赦しねぇぞ!」が「イヤァオしゃしねぇぞ!」だったり、「夏の滋養強壮」が「なつのじイヤァオきょうそう」だったり……。

こんな感じで全7問、どこまでいっても「イヤァオ」尽くしなんです。いやこれ、たぶん挑戦者全員全問不正解になっちゃうやつでしょ。

【絶対音声つきで聞いてほしい】

文字だけでなく、音声つきで答えを聞くと、さらにジワジワ度がアップ。

声を担当するのは「イヤァオ」の生みの親・プロレスラーの中邑真輔さんで(「イヤァオ」は中邑さんのキメ台詞です)先ほど挙げた答えを熱量たっぷりに「イヤァオ!」と読み上げてくれているので必聴です。

ちなみに個人的にツボだったのは、「猫」と「子猫」の読み方。「猫」は「ニヤァオ」、「子猫」は「ミャァオ」で、中邑さんもちゃんとこのとおり発言しています。

猫がお好きなのか、「イヤァオ!」のときよりも優しい声色になっているので、よ~く耳を澄まして聞いてみてくださいね~!

参照元:イヤァオ漢字ドリルTwitter @donbei_jp
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼「クリイヤァオファイル」が当たるツイッターキャンペーンもやってるよ~