ああ、どこかひとりで旅行に行きたいな〜、できれば安くて楽しいところがいい……。と思っていたら、友達から「福島のスパリゾートハワイアンズいいよ!宿泊客は東京から往復の送迎バスが無料だし、プールも入り放題だよ」と、めちゃくちゃ有益なタレコミが。

ええっ!! 交通費がかからないですとーっ! でも、ハワイアンズってファミリー向けのイメージがあるけど……ひとりでも楽しめるのかな?

毎月、1日、11日、21日は「ステキなぼっちの日」。というわけで今回のぼっち企画は「ひとりハワイアンズ」です。

少し不安に思いつつ向かったものの、結論から言うと、あまりにもお得すぎ&楽しすぎて震えたのでした……。

【往復の送迎バス付きで1万円弱ですとー!?】

そもそもこういったリゾートホテルは、シングル利用だと割高になったり、シングルプランがなかったりすることもしばしばですが、シングルプランがちゃんとある! しかも、値段が安い……。

時期や曜日によって変動すると思いますが、シングル1泊 約1万1000円

・部屋代
・朝夕のバイキング
・東京から福島の往復無料送迎バス (※事前予約必須)
・2日間のスパリゾートハワイアンズの入場料
・昼と夜のフラガールショー(※有料席あり)

が含まれるというではありませんか。えっ……安すぎない?

【ショーにプールにもりだくさん】

朝10時に東京を出発し、ハワイアンズに着いたのは13時過ぎ。隣接するハワイアンズホテルでチェックインを済ませて、まずは昼のフラガールショーを観覧へ。ステージのあるプールエリアにいくとまるで南国のような温かさで気分はハワイです。

ショー自体は無料なのですが、私は1050円をプラスして舞台に近いSS席で鑑賞しました。

音楽は生バンドだし、ダンスもパフォーマンスも想像以上に本格的! 火を使ったポリネシアンショーにドキドキしたり、フラダンスのステップに魅せられたりして夢気分の45分。すでにこの時点で楽しい!!

【ここはプールのディズニーランドか!?】

そしてお次は、スパリゾートハワイアンズの巨大なプールと温泉エリアへ向かいます。

スパリゾートハワイアンズは

・ウォーターパーク(屋内プール)
・スプリングタウン(温泉&温水プール)
・スパガーデンパレオ(屋外温水プール)
・ビッグアロハ(ウォータースライダー)
・江戸情話余市(露天風呂)
・ウイルポート(フィットネススパ)

と全部で6つのエリアに分かれているのですが、そのどれもがめちゃくちゃに広くて趣向をこらしてる! 波のプールで泳いだり、体が冷えたら温泉に入ったりできて、まさに楽園です……。

【ウォータースライダーでぼっちの壁に当たるも…!】

個人的に一番楽しみにしていたのは日本一の長さを誇る「ビッグアロハ」など全4種類のウォータースライダー!私は子供の頃からウォータースライダーがめちゃくちゃ好きなので、乗り放題券を買って滑りまくることに。

正直、ショーを見るのも泳ぐのもひとりで余裕でしたが……ウォータースライダーはぼっちの切なさを感じる瞬間がありました。アラサー女がひとりで乗り放題券を買うとは思わなかったのか、チケット売り場で「お子様はどちらですか?」と言われてしまったのです。滑るの、私です……。

さらに、スライダーではほとんどがカップルや親子で滑るので、知らない人と組むことになり、気まずい思いをすることも……。とはいえ滑ってしまえば、恥ずかしさなんて吹っ飛んだわけですが!

とくに「ビッグアロハ」は今まで乗った中で一番長くてコースもスリリングで超・超・超・楽しかった! 係員の人に「また来た」という顔をされつつひとりで10回くらい滑りました☆

【あまりの広さに2日間でまわりきれない場所も】

その後は再び夜のフラガールショーを鑑賞し、夕食と朝食はバイキングを堪能。和洋中と、料理の種類も豊富です。温泉も入って美味しい食事もして、ショーを見て、泳いで……なんだここ天国か?

浦島太郎が亀に連れられて行ったのは竜宮城ではなくハワイアンズだったのでは……?

しかも帰りのバスは15時出発なので、2日間遊びまくれて1万円弱でこんなに楽しんでいいの?って感じのお得っぷり滞在でした。

【注意点もあるけど本気でオススメ】

しかし、その盛りだくさんぶりと広さゆえに、いくつか注意点も。

・敷地が死ぬほど広い

ホテルとハワイアンズのプールを合わせるととんでもない広さです。移動にかなり時間がかかります。ちなみに、私は2日間でまわりきれないエリアがありました。

・予定表を事前に作って動くべし

コンテンツもりもりなので、ショーや食事の時間、プールの閉園時間にあわせてロスなく動けるよう、予定を決めて動いたほうが◎。移動に時間がかかるので導線もかなり重要です。

・ビニールバッグとポシェット必須

館内での移動が多いので、水着やバスタオルを持ち歩くビニールバッグ、財布や貴重品を持ち歩くポシェットがあると便利。広い館内でうっかり忘れ物をしたら詰みます。

ひとりだと好きに動けるので、まわりきれないエリアもありましたが心残りはありません。楽しさはどう考えてもお値段以上。ひとりハワイアンズ、本気でオススメです! 宿泊客向けの無料送迎バスは東京各地のほか、埼玉や神奈川、千葉、茨城からも出てますよ〜。

ぼっち度 ★★
天国度 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★
広い度 ★★★★★★★★★

参照元:スパリゾートハワイアンズ無料送迎バス「ハワイアンズエクスプレス」
執筆:御花畑マリコ
Photo: (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.