資生堂のミニサイズコスメ「SHISEIDO ピコ」(以下、ピコ)からムースタイプの新口紅とネイルエナメル各9色が登場。2020年3月1日から数量限定発売されます。

今年で3年目を迎える「ピコ」には毎年コンセプトがあって、2018年には「和菓子」、2019年には「縁結び」にちなんだ限定色が発売されています。

そして今回のコンセプトは「Tokyo 24h」。朝・昼・夜で異なる表情を見せる東京の1日にインスパイアされているそうなのですが、さてどんなカラーがそろっているんでしょ!?

【口紅はチークとしても使えるよ!】

口紅「ムースパウダーリップ ピコ」(1980円)は、ムースのような軽い感触とセミマットな仕上がりが特徴。色づきがやわらかく、チークやハイライターとしても使えるといいます。

いっぽうのネイル「ネイルエナメル ピコ」(1100円)は、。鮮やかなカラーと美しいツヤが長持ちするそう。来る春夏に大活躍してくれそうです。

【時間帯ごとに色をイメージ & 名前にも要注目】

口紅とネイルはそれぞれ3色ずつ朝・昼・夜の3つのグループに分けられていて、朝は「きらびやかでフレッシュ」、昼は「明るくてビビッド」、夜は「少し大人びたクール & エッジー」な色をイメージ。

「ビルの日だまり」や「三時の純喫茶」、「銀座のネオン」など、ひとつひとつ名前も凝っています。

【時計の針がヒントです】

パッケージには中身の色がそのまま反映されているほか、どの時間帯をイメージしているかわかるよう時計の針がデザインされていて、ストーリー性を感じるう!

昼間は太陽や青空を、夜は暗闇や大人の恋を連想させるカラーがそろっていて、どれにしようか選ぶ時間も楽しそうです♪

【なぜ朝に「紫色」があるのか】

ただひとつ気になったのは、口紅にもネイルにも、朝のグループに淡い紫色が混じっていること。紫ってどちらかというと夜のイメージだけど……どうして「朝」なの!?

だけどこの疑問も、商品名を見たらすぐに納得。薄紫色の口紅「02」の商品名は「朝霧と街」

薄紫色のネイル「01」の商品名は「夜明けの虹」

夜が明ける直前の空の色や空気感を表していると思うと、この色をフィーチャーしたのも大いに納得です~!

※価格はすべて税込みです。

参照元:資生堂プレスリリースInstagram pico_shiseido@
執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.