ネットを中心に注目を集める、きくちゆうきさん著の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』。

この作品をモデルにしたカプセルトイ「100日後に死ぬワニ ラバーマスコット」が、2020年3月21日に発売されます。

3月20日に「100日後」を迎えたワニ。「もうワニに会えないの……?」と “ワニロス” に陥っているみなさんは、ゲットしとくべきかも!

【シークレットを加えた全7種!】

“ワニの死”の翌日から発売される「100日後に死ぬワニ ラバーマスコット」。

ラインナップは「笑うワニ」「⾷べるワニ」「トリとワニ」「 わくわくするワニ」「⼊院してるネズミ」「センパイ」のほか、ガチャガチャのためだけに描き下ろした「シークレット」を加えた全7種となります。

【「未来を想像しながら」デザインしたらしい】

販売元の株式会社Qualiaによると、ラバーマスコットはやや大きめのサイズ、とのこと。

「連載がスタートしてから4日目にガチャガチャの相談をした」という背景もあってか、著者のきくちさんは、未来を想像しながらラインナップを考えてくれたといいます。

絵のタッチも連載初期のものなので、この点にもご注目を☆

【シークレットを超えた「激レア」があるんだって!】

また全7種の他に、もう1種類「激レア」というデザインがある(!)らしく、こちらもきくちさんによる描き下ろしらしいんです。

「激レア」は、きくちさんがストーリーの結末を想像して描いたものらしく、名前のとおり相当レア~!

運よく当てられた人は、ワニとの思い出と共に、大切にしてあげてくださいねっ。

【タイトルとストーリーのギャップで人気に】

2019年12⽉12⽇に連載がスタートした『100日後に死ぬワニ』は、強烈なタイトルの印象とは裏腹に、内容はほっこり癒やし系

フリーターのワニがセンパイに恋をしたり、友人たちとラーメンを食べたりゲームをしたりと、何気ない日常がつづられているんです。

最終回間際になっても、相変わらず世界観がほのぼのしているため、私としては結末が全く予想できませんでしたが、みなさんはどうだったでしょうか。

ファンにとっては待望ともいえる「100日後に死ぬワニ ラバーマスコット」のお値段は1回税込み300円。ぜひコンプリートを目指してみてくださ~い!

参照元:プレスリリース、株式会社Qualia
執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.