以前ツイッターで話題になり、Pouchでも取り上げたダイソーのトランプ「革命大富豪」。そのイラストを手がけたヤマモトナオキさんは、日本神話を題材にしたタロットを制作しています。

これがなんとも、神秘的で日本人の心をくすぐるデザインで、ものすごくインスピレーションがかき立てられる絵柄なのですよ……!

というわけで公式サイトの通販を利用して実際に購入、ド素人が占ってみました☆

【日本神話に置きかえられたモチーフたち】

日本神話タロット 極 フルデッキ 第弐版」(5400円、現在は第参版が発売中)は、78枚のタロットカードと、カードの意味や遊び方が書かれた解説書のセットです。

開封してみると、まるで画集を開いたかのように美しいカードの束がお目見え。神秘的でありながら、どこか親しみを覚える衣装や背景に心がふわっと浮き立ちます。


「太陽」がアマテラス、「月」がツクヨミなど、日本神話の神が描かれているほか、「女教皇」が「巫女」、「世界」が「天地開闢(かいびゃく)」とされているなど、モチーフやタロット名が神話由来のものに置きかえられているのが特徴。

全78枚のカードを広げると、まるで美麗なイラストでつづられる絵物語のよう……。

また同梱の解説書がかなり詳しく、「カードの位置(正/逆)によって意味が変わる」「描かれているモチーフからも意味を見出す」など、タロットカードにはじめて触れる人でも親しめるような基礎や心構えがちゃんと記述されているので、安心して占えそうです。

【せっかくなので占ってみる】

せっかくなので、解説書に記されていた「スリーカードスプレッド」というやり方で占ってみることにしました。

テーマは “この先の金運” 。いやだって、気になるでしょう金運!!

心を鎮めながらタロットを混ぜ、過去・現在・未来を示すカードと、解決方法を示すキーカードの計4枚のカードを選んで……。


1枚ずつひらいていって……ドーン! 最終的にはこんな結果になりました。

なんかよくわかんないけど、絵が訴えてくるメッセージが強い〜っっ! 

【付属の解説書でカードの意味を確認】

出たカードは

過去:恋人(正)
現在:巫女(正)
未来:節制(逆)
キーカード:審判(逆)

絵柄とカード名だけで「今まではええけどこの先よう節約しはなれ、何にお金を使うかの判断を見誤らんようにしいや」と言われてる気が……。

中でも特に気になったのが “未来” に出た「節制」のカード。

もう「節制」って言葉から、財布のひもをゆるめるな!的な圧を感じるじゃないですか???

解説書で意味を調べてみると、「節制(逆位置)」のキーワードは浪費、消耗、不摂生……。あたいの未来に何が起こるというの……? ツライ!!!!


そのほかのカードについても、絵柄からイメージが湧きやすいおかげか「たしかに今はかなり出費にシビアかも」「そういえばハメを外してしまいそうな予定が控えてる!」と、かなり直感的に意味を受け取れた気がします。

おかげで自分が気をつけるべき点がわかって、頭がクリアになったような気がしました。面白かった〜! というわけで、節制するぞ!!

【タロットになじみがない人にもオススメ!】

実際に占ってみて感じたのは、タロットって “マインドフルネス” のような作用があるのかもしれないなあということ。

心を鎮めてひとつの問題(今回は金運でしたけど……)と向き合う機会って、あまりないですよね。不安や焦りが大きいときに、1度自分を落ち着かせる手段としてはアリなのかな、なんて。


何より、「日本神話」というモチーフに親しみを感じやすく、1枚1枚のカードが物語性に満ちていることが大きかったです。占いの作法や難しいことがわからなくても、絵の訴えていることがスッと心に入ってくる気がしました。

解説書の内容が充実しているので占い方や意味もすぐにわかりますし、占いをしなくても、イラスト集としてながめるだけで十分眼福です。気になるかたは、ぜひ公式サイトをチェックしてくださいね〜!

参考サイト:ヤマモトナオキオフィシャルサイト
撮影・執筆:森本マリ
Photo:(c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.