来年2022年4月1日に施行されるのは、成年年齢を18歳に引き下げる「民法の一部を改正する法律」

大人になるのが少し早くなり、できることが増える分、責任も発生します。

果たして巷の若者たちは、この法律についてどう思っているのでしょう?

【「知っている」割合多し】

LINEリサーチが全国の高校1年生~3年生の男女1041名を対象に行ったアンケートによれば、76%が「成年年齢の引き下げについて知っている」と回答したみたい。

「聞いたことがある程度」という人も含めると、97%にも上ります。

「知っている」と答えた人の中で、賛成派は約41%、反対派は約20%。

男女別に見ると、賛成しているのは「男子校生:約5割」「女子高生:約3割」で、女子高生は学年が上がるにつれて反対派が増えているようです。

【「成人したい・したくない」理由が面白い】

今回のアンケートの中で特に興味深かったのは「早く成人したい理由・したくない理由」です。

まずは「早く成人したい派」の意見を見てみると……

・社会の一員としての責任が生まれるし、子供では制限があることもできるようになるから(高1男子)
・いろいろな経験を早く積めるから(高1男子)
・大人になったら選挙の投票とかいろいろなことが出来るようになると思うから(高2女子)

といった声が挙がっており、みんなめちゃくちゃしっかりしていて驚きます。

「社会の一員として責任が生まれる」って……私が高校生の頃はもっとチャランポランだったので、大人として身が引き締まる思いがするっ!

続いて「早く成人したくない派」の意見を見てみると……

・大人といわれると責任が重くなりそう。制限が緩くなる代わりに見られることが多くなる(高1男子)
・大人になるのが怖いから。いきなり社会の海に放り出される気がする(高3女子)
・まだ青春していたい(高1男子)

といった声が挙がっています。

「いきなり社会の海に放り出される気がする」という意見は、私も10代の頃に抱いた記憶があります。わかるよ、わかる。大人になるのって、ちょっぴり怖いよね……。

いっぽうで、「まだ青春していたい」という正直すぎる意見、愛おしい~っ。

【いちばん多いのは「どちらともいえない」】

なお「早く成人したい派」も「早く成人したくない派」も全体の3割前後。最も多かったのは、約4割の票を集めた「どちらともいえない / わからない」でした。

「どちらともいえない」が多い背景には、大人と子どもの狭間にいる、若者たちの戸惑いや葛藤が見えるような気がします。

さてみなさんは、成年年齢が18歳に引き下がること、どう思いますか。

参照元:プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:(c)Pouch

スライドショーには JavaScript が必要です。