昨年2021年夏、東京・新宿東口に登場した “巨大な猫” 。あれから約1年後……今度は渋谷駅前に “巨大な犬” が現れたーーーっ!

犬の正体は「3D映像」。しかしながら、表情も仕草もモフモフな毛並みも、本物の犬そっくり!

SNSを中心に話題沸騰中で「見に行きたい」「可愛い」といった声が続々集まっているんです。

【想像以上によく動く!】

巨大な犬こと「秋田犬3Dカラクリ時計」が初めて目撃されたのは2022年7月29日のこと。

毎時0分になると、渋谷の宮益坂下交差点付近に位置する「シンクロ7シブヤヒットビジョン」と渋谷駅ハチ公口前に位置する「シブハチヒットビジョン」による合計8面のデジタルサイネージによって、渋谷駅前のビルが “時計台” へと変貌します

時計の中から “秋田犬の子犬” が現れて、ひょっこり顔をのぞかせたり、フリスビーをキャッチしたりと、縦横無尽に動き回ります。

【ビルからビルへと飛び移る!?】

また子犬は、ビルからビルへと飛び移るかのごとく、8面のデジタルサイネージを行き来することが可能。

元気いっぱい&躍動感たっぷりな動きが子犬そのもので、あまりのかわいらしさに頬が緩んでしまいます。

見る角度や時間によっても印象が異なり、さまざまな楽しみ方ができるので、何度も足を運びたくなりますよ~!

【注:放映されない時間もあります】

渋谷の新たな観光名所となりそうな「秋田犬3Dカラクリ時計」。夏休みシーズンに突入したこともあり、多くの人が詰めかけそうです。放映時間は7〜24時の毎時0分からの30秒。都合により放映がスキップされる場合もあります。ちなみに19時の放映は当面ないとのこと。

また、周りの交通状況などに十分気をつけて、鑑賞してくださいね!

参照元:株式会社ヒットプレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch