パソコン作業をしているときによく使用する「コピー」「ペースト」「カット」「全選択」。

コピーなら「Ctrl+C」、ペーストなら「Ctrl+V」と、いちいち入力するのがメンドクサイ人のために、コピペに特化したキーボードが爆誕しちゃったようなんです。

コピペだけでなく、カットも全選択もショートカットできちゃうのだとか。こりゃ作業がバンバン進みそうじゃない〜〜!?

【どんなアイテム?】

2024年5月31日から予約販売を開始、6月14日から全国の販売店・公式サイト・Amazonで一般発売するショートカットキーボード「Tinykeyboard4 ボタン」XA-TK4PC。文字どおり、作業をショートカットするためのキーボードです。

キーボードには、「コピー(Copy)」「ペースト(Paste)」「カット(Cut)」「全選択(All)」の4ボタンしかありません。

コピペやカットをしたい場合は、このボタンのいずれかを押せばOK! やや面倒な「Ctrl+X(切り取り)」や「Ctrl+A(全選択)」の入力は必要ないんです。

【設定不要&持ち運びもラク!】

USB接続するだけで使えるというキーボード。設定の必要もなく、デスクトップ・ノートPC・タブレットなど様々なデバイスで使用できます。

また、指先サイズでコンパクトなので、持ち運びもラクチンなのだそう。気分転換にカフェで仕事するときにもかさばらずに持って行けていいかも?

①キーキャップカスタム
キーキャップを90度変更して差し替える→キーボードを縦型にして利用することも可能です。

②交換可能なキースイッチシステム
キーボードのキースイッチは交換可能な設計です。CHERRY MX 互換のキースイッチを自由に取付することも可能!

【Macは使えません(悲)】

以前「コピー」「ペースト」「カット」のみを採用した3ボタンのキーボードを発売したところ、多くのユーザーから「全選択のショートカットキーが欲しい」という要望が寄せられ、今回の新商品が生まれたといいます。

この4つの機能があれば、文章を書くのはもちろん、excelなどの表計算、Photoshopなどの写真編集、動画編集やプログラミングなど、様々なシーンで活躍してくれること間違いなし!

ただし……残念ながらMacには対応していないそう。Windows8・10・11以降、Android、Linux系OSが対象となるので、くれぐれもご注意くださいね。

参照元:XYZAAmazon、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch