「ドラマウォッチャー田端」にまつわる記事

最終回を迎えたドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』に騙された! 途中で離脱した人こそネタバレ厳禁で絶対観てほしい

日本テレビの秋クール日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』。2022年11月13日夜10時30分から放送された最終回を観た私は正直、度肝を抜かれてしまいました

霊が視える能力を持つ主人公・城塚翡翠(じょうづか ひすい)が、死者からのヒントを頼りに “霊媒探偵” として難解な事件と向き合っていく……といったストーリーですが、最後の最後でまさかのどんでん返し!

最終話を観ることでようやく「私たち視聴者は最初から騙されていた」ことに気がつくのです。

本作を観ていない、または途中で離脱してしまったという人は、ぜひ、ぜひ、ネタバレなしで観てほしい! 再放送&再配信もあるので新シリーズが始まる前に追いつきましょっ。

→ 続きを読む

明日カノに私が沼る理由3つ! 『明日、私は誰かのカノジョ』はリアルすぎる展開&キャラ設定に親近感がわきまくる

最近、SNSのタイムラインでよく見かける “明日カノ” こと『明日、私は誰かの彼女』(原作:をの ひなお)。

2019年から「サイコミ」(Cygames)にて連載をスタート、2022年4月にはMBS 毎日放送で実写ドラマ化された作品で、9月30日には漫画が最終章へと突入! ファンのあいだでますます盛り上がりを見せています。

私もつい最近漫画&ドラマを完走したのですが、レンタル彼女にパパ活、整形やホス狂いなど、リアルすぎるストーリー展開とキャラ設定がビックリするほどおもしろい! 

『明日カノ』未体験のみなさん、今からでも遅くはありません。一緒に “明日カノ沼” にハマりましょうよ~!

→ 続きを読む

【恋せぬふたり】最終話を終えて→見つけた本当に新しい家族のカタチとカズくんという存在について

2022年3月21日に最終話を迎えたNHK総合よるドラ『恋せぬふたり』。

最終話では「家族(仮)」として共に暮らすことになった高橋(高橋一生さん)と咲子(岸井ゆきのさん)が、自分たちにとってベターではなく「ベスト」な家族のカタチを見つけるまでが描かれました。

世の中にはびこる「こうあるべき」という価値観や、「普通とはなにか」という課題に向き合ってきた本作の中で、存在感を輝かせていたのは “カズくん” というキャラクター。

異なる価値観を持つ者同士の「相互理解」を深めるうえで、欠かせない存在でもあったんです。

→ 続きを読む

同世代の私がNetflixオリジナル『39歳』を観て止まらなくなった共感ポイントと見どころ3つ

2022年2月16日からNetflixで配信がスタートした韓国ドラマ『39歳』。

配信後まもなくランキングの常連となり、第6話まで進んだ今(2022年3月4日時点)も、10位圏内をキープし続けています。

人気の秘密は、韓ドラだけど「ドラマチックな恋愛 < 友情」 がメインなところ! さらには39歳の女性が直面する「現実」を心に刺さるよう描いているからです。

登場人物は、バリキャリ、不倫中、そして恋愛経験ほぼゼロの3人。そんな独身女性3人は、39歳をどう過ごすのか。共感が止まらない、だけど泣けて感動する。そんなドラマの見どころ3つをご紹介します。

→ 続きを読む

恋をしない人間もいる…NHKドラマ『恋せぬふたり』が切り込んだ恋愛的指向アロマンティックと性的指向アセクシュアルとは?

2022年1月10日夜10時45分からNHK総合でスタートした新よるドラ『恋せぬふたり』は、恋をしないふたりが織りなす、ラブではないコメディ。

これまでにないテーマもさることながら、高橋一生さん&岸井ゆきのさんがW主演を果たすことで、放送前から注目されてきた作品です。

第1話で描かれたのは、恋せぬふたりの “生きづらさ”

ドラマが放送されるや否やたちまち話題になり、視聴者から様々な感想が寄せられました。

→ 続きを読む

NHKドラマ『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』の完成度が憑依レベルだと話題に!  阿佐ヶ谷姉妹が歌う挿入歌も注目です

2021年11月8日からNHK総合でスタートした、新よるドラ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』。

木村多江さんと安藤玉恵さんが阿佐ヶ谷姉妹を演じることもあり、放送前から話題になっていたのですが……

いざドラマが始まると、阿佐ヶ谷姉妹の再現度があまりにも高すぎて、視聴者一同ビックリ!!!!!

「木村多江さん」が一時ツイッターのトレンド入りを果たすほど、注目されていたんです。

→ 続きを読む

『着飾る恋には理由があって』最終話:向井理の「片思いじゃなかったよ」にしびれる視聴者続出! 恋の勝者は向井理か横浜流星か…!?

2021年6月22日に最終回を迎えたTBS系ドラマ『着飾る恋には理由があって(通称:着飾る恋)』。

同作では長らく、星野源を背負う(※恋が盛り上がるタイミングで主題歌が流れること)ことを競う「星野源チャレンジ」が繰り広げられてきましたが……ついに決着!

駿(横浜流星さん)が勝つのか、それとも後半で怒涛の追い上げを見せたライバルの葉山(向井理さん)が勝つのか……果たしてどうなる!?

※以下ネタバレあり

→ 続きを読む

『着飾る恋には理由があって』第9話:最終話目前で向井理が怒涛の攻め!「向井理の時代が来た」「これが最終回でいい」という声も

毎週火曜夜10時から放送中のTBS系ドラマ『着飾る恋には理由があって(通称:着飾る恋)』。

このところ視聴者のあいだでは、「星野源を背負う(※恋が盛り上がるタイミングで主題歌が流れること)」が話題ですが……

2021年6月15日放送の第9話で星野源を背負ったのは、向井理さん演じる葉山!

最終話目前のこのタイミングでこの展開は……「当て馬」と言われてきた葉山ですが、まさかの「本命」展開来ちゃうかも!?

→ 続きを読む

大豆田とわ子と三人の元夫』最終話:選んだ人生も選ばなかった人生も「正解」…すべての生き方に寄り添う物語でした

2021年6月15日にカンテレ・フジテレビ系で放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』最終話。

前回第9話では「関係性のゴールは1つではない」ことを描いていましたが……最終話は、すべての生き方を肯定するような内容となっていました。

とわ子(松たか子さん)と元夫たちが選んだ生き方はとても愛おしく、温かくて「こんな人生も悪くないなぁ」と思えます。

いい意味で最終回っぽくなかったところも、「この人たちの人生はこれからも続いてゆくんだ」と思わせるもので、これが最後だなんてあまりにも寂しすぎる……(涙)。

→ 続きを読む

『大豆田とわ子と三人の元夫』9話:とわ子「あなたを選んで、1人で生きていくことにした」の意味が深い…最終回直前の内容が濃すぎました

2021年6月8日にカンテレ・フジテレビ系で放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』第9話。

前回第8話で小鳥遊(たかなし / オダギリジョーさん)とイイ感じになったとわ子(松たか子さん)でしたが、なんと今回第9話では「別れ」を選択!?

とわ子が「1人で生きていく」ことを選んだ理由に泣き、1人でも幸せになれると思えた、私的神回でした。

1人で生きることは、決して「ひとりぼっち」とイコールではないんですよね……(涙)。

→ 続きを読む

『着飾る恋には理由があって』第8話でついに向井理が動いた! 横浜流星とのダッシュ対決「星野源チャレンジ」に視聴者が沸きました

毎週火曜夜10時から放送中のTBS系ドラマ『着飾る恋には理由があって(通称:着飾る恋)』。

同作ではいつも、ラブな展開がスタートするタイミングで星野源さんが歌う主題歌『不思議』が流れるため、一部視聴者のあいだでは「星野源を背負う」と称されています。

ドラマスタート直後から、星野源を背負い続けてきたのは駿(横浜流星さん)。

いっぽう、駿の恋のライバル・葉山(向井理さん)は“豪華すぎる当て馬”だと視聴者に注目されながら、ラブな展開になることがほとんどなかったのですが……ここへきてついに葉山が星野源を背負った―ーーーー!

→ 続きを読む

『着飾る恋には理由があって』視聴者の間で話題の「星野源を背負う」とは…? 主題歌『不思議』のMVも公開されたよ

毎週火曜夜10時から放送中のTBS系ドラマ『着飾る恋には理由があって(通称:着飾る恋)』も後半戦に突入。

2021年6月1日放送の第7話では、ついに当て馬ポジション・葉山(向井理さん)が駿(横浜流星さん)に宣戦布告!

くるみ(川口春奈さん)を巡る恋のバトルが加熱するいっぽう……

一部視聴者のあいだでは「星野源を背負う」というワードが流行(?)しているんです。さてみなさん、これって一体どういう意味だと思います?

→ 続きを読む

『大豆田とわ子と三人の元夫』第8話:台詞「人生楽しんだほうがいいに決まってる」が刺さる…オダギリジョーの素顔も注目です

2021年6月1日にカンテレ・フジテレビ系で放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』第8話。

前回第7話では、ビジネスとプライベートの顔が違いすぎる小鳥遊(たかなし / オダギリジョーさん)の登場によって、視聴者一同が震え上がる事態に……!

オンとオフの差が激しすぎて「怖すぎる」と話題になりましたが、今回第8話では「小鳥遊=ただの怖い人」ではないことが判明したんです。

→ 続きを読む

現実にリンクしていると話題『今ここにある危機とぼくの好感度について』/ 最終話に登場した「問題には正しく名前をつけねばばならない」という言葉の重さ

2021年5月29日に最終回を迎えた、NHK土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について(通称:ここぼく)』。

前回第4話では「コロナとオリンピック」を彷彿とさせる攻めた描写が話題になりました。

謎の虫によって健康被害にさらされる人々と、利益のために事実を隠したい人々……。

これまで好感度ばかり気にして、こうした真実から目を背けていた真(松坂桃李さん)でしたが、最終話では意外な行動を見せたのです。

→ 続きを読む

Netflix韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」はポスト愛の不時着だと話題に! 見る人を沼に引き込む魅力6選

ここ最近、日本のNetflix総合TOP5内に君臨し続けている韓国ドラマ『ヴィンチェンツォ』。

2021年のゴールデンウィークに最終話が配信されてからというもの、さらに人気が過熱して、「ヴィンチェンツォロス」という言葉が生まれるほど……!

今後長~く愛されそうなことから「ポスト・愛の不時着」とも言われているんです。

『ヴィンチェンツォ』は、全20話&1話あたり1時間20分くらいと超長いのですが、あっという間に観終わってしまう「時間泥棒」なドラマ。

今回は『ヴィンチェンツォ』ファンの私が、ドラマのあらすじ&魅力的なポイント6つをご紹介しちゃいます!

→ 続きを読む

『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話:オダギリジョーのギャップ激しい演技により、視聴者がキュンとホラーを一気に味わう事態に

2021年5月25日にカンテレ・フジテレビ系で放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』第7話。

物語は第2章に突入……したわけなのですが、前回第6話で親友・かごめ(市川実日子さん)を亡くしたとわ子(松たか子さん)の悲しみが消えることはありません。

そしてもうひとり、喪失感を抱えていたのは、かごめに片思いしていた八作(松田龍平さん)。

とわ子と八作のあいだで交わされた「ごめんね」のやり取りに、なにもかもが詰まっていて、ティッシュの大量消費が止まらない……(涙)。

→ 続きを読む

『珈琲いかがでしょう』最終話:中村倫也を巡る三つ巴のラブ展開に…ラストの泣きの演技力も注目です

2021年5月24日についに最終回を迎えたテレビ東京系ドラマ『珈琲いかがでしょう』。

前回第7話で大暴れしたぼっちゃん(宮世琉弥さん)と青山(中村倫也さん)のその後を描いた「暴力珈琲」と、青山のコーヒーの師匠・たこさん(光石研さん)のお話「ポップ珈琲」の2話オムニバスで展開されました。

「暴力珈琲」では、ぼっちゃん・ぺい(磯村勇斗さん)・志麻(夏帆さん)が青山への“ラブ”を巡り、三つ巴の戦いを繰り広げており、愛されっぷりにじわじわ。

ラストに登場する「涙をコントロールする演技」も素晴らしく、改めて中村倫也という役者のすごさを思い知らされました。いやはや、やっぱりこの方はすごい。

→ 続きを読む

『今ここにある危機とぼくの好感度について』第4話:ドラマ内容がコロナとオリンピック問題に酷似だと話題に…脚本家のコメントにも衝撃です

フィクションなのに現実を見ているようだと話題のNHK土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について(通称:ここぼく)』。

2021年5月22日に放送された第4話では、まさに今起きている「昨今の情勢」を彷彿とさせる展開で、視聴者が騒然とさせました。

この時期にこのようなテーマを取り上げるとは……NHKさん、攻めに攻めまくっている!!!!!

→ 続きを読む

『着飾る恋には理由があって』第5話:当て馬に見えないと話題の向井理が降臨! 存在感の強さに陰の主役は葉山社長なのかも

毎週火曜夜10時からTBS系で放送中のドラマ『着飾る恋には理由があって(通称:着飾る恋)』もいよいよ折り返し地点!

これまでは、くるみ(川口春奈さん)と駿(横浜流星さん)が仲を深めていく様子を、キュンキュンしながら見守るのみ。

TBS火曜ドラマ名物「当て馬」不在の中、恋が進行していましたが……。

2021年5月18日にTBS系で放送された第5話で、ついに「あの男」が帰ってきたーーーッ! 待ちに待った展開にネットが大いに沸きましたっ。

→ 続きを読む

『珈琲いかがでしょう』第7話:青山にヘビーすぎる執着心を見せる「ぼっちゃん」 / 宮世琉弥の美しい顔から想像できない暴力に震える

2021年5月17日に放送されたテレビ東京系ドラマ『珈琲いかがでしょう』。

第7話のタイトルは「ぼっちゃん珈琲」。

青山(中村倫也さん)に愛憎を抱くヤクザの3代目・ぼっちゃん(宮世琉弥さん)を中心に話が展開していくのですが……ぼっちゃんのヤンデレ具合がヤバすぎる!!!!!

物語後半から繰り広げられる、ねじれた愛情と、バイオレンスぼっちゃんのえげつなさに、シビれてしまいました~っ!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 12