「海月姫」にまつわる記事

『海月姫』の配役が完璧すぎる! キラキラモデルや美しい女優たちがオタクの「尼〜ず」や枕営業の稲荷さまを完全再現していました

2018年1月15日に放送が開始された、フジテレビの新月9ドラマ『海月姫』。原作では蔵子の兄・シュウシュウ(鯉淵修)が弟に改変されていることが話題になりましたが、同時に、それぞれの役の再現度がめっぽう高いこともSNSで話題になっておりました。

芳根京子さん演じる主役の倉下月海(くらした つきみ)の再現度は文句なしですし、瀬戸康史さん演じる “蔵子” の美しさは想像のはるか上。

さらに目を見張ったのは、月海と一緒に住んでいる “尼~ず” の面々で、漫画の中からするっと出てきたみたいなビジュアルをしているんです。もちろん中身も、原作そのまんま~!

→ 続きを読む

ドラマ版『海月姫』の設定に原作ファンショック!! 「シュウシュウは兄だからいいのになんで弟に!?」と嘆く声が多数

2018年1月15日からフジテレビ系でスタートした月9ドラマ『海月姫』。放送開始直後から、瀬戸康史さん演じる “蔵子” こと、鯉淵蔵之介の美しさや、 “尼~ず” の再現度の高さなどが、ネットを中心に話題になっておりました。

しかし、第1話の放送でなにより注目を集めていたのは、 “シュウシュウ” こと鯉淵修(こいぶち しゅう)の設定についてです。

原作でも、2014年に公開された映画『海月姫』でも、シュウシュウは蔵子の兄。けれども、今回のドラマでは弟に設定が変更されており、兄・シュウシュウを愛する全視聴者が「マジか!!!!!」とツッコんだことは言うまでもありません。

→ 続きを読む

【海月姫ドラマ版】瀬戸康史の女装姿に全国の女子が嫉妬!! キュルンとした瞳が罪深い可愛さなのです

東村アキコさんによる原作漫画は大ヒット。テレビアニメ化もされ、2014年は “のん” (当時は能年玲奈)さん主演で実写映画化もされた『海月姫(くらげひめ)』が、月9ドラマとなってこの冬放送されます。

2018年1月15日夜9時より、フジテレビでスタート。主役の倉下月海(くらした つきみ)を芳根京子さんが、美しき女装男子の “蔵子” こと鯉淵蔵之介(こいぶち くらのすけ)を瀬戸康史さんが演じるようなのですが……。

ある程度予想はついていたものの、瀬戸さんの女装姿の可愛さが、天井知らずなんですよね。キラキラうるうるのパッチリお目目といい、つやピカ肌といい、わたし女だけど全然勝てる気がしないんですけども~~~!!!

→ 続きを読む

能年玲奈さんがオタク女子に!  人気漫画を実写化した映画「海月姫」の特報映像&ポスタービジュアルが公開される

東村アキコさん著、人気漫画「海月(くらげ)姫」(講談社)が、能年玲奈さん主演で実写映画化されることが決定。

「コミックナタリー」によれば、その特報映像および第1弾ポスタービジュアルがこのたび公開され、話題になっているみたい。

→ 続きを読む