2018年1月15日に放送が開始された、フジテレビの新月9ドラマ『海月姫』。原作では蔵子の兄・シュウシュウ(鯉淵修)が弟に改変されていることが話題になりましたが、同時に、それぞれの役の再現度がめっぽう高いこともSNSで話題になっておりました。

芳根京子さん演じる主役の倉下月海(くらした つきみ)の再現度は文句なしですし、瀬戸康史さん演じる “蔵子” の美しさは想像のはるか上。

さらに目を見張ったのは、月海と一緒に住んでいる “尼~ず” の面々で、漫画の中からするっと出てきたみたいなビジュアルをしているんです。もちろん中身も、原作そのまんま~!

【話題になった「映画版」に負けない再現度!】

男子禁制の昭和レトロなアパート「天水館(あまみずかん)」に住んでいる “尼~ず” は、全員が1つの趣味に特化しているオタク女子。

“枯れ専” のジジ様(木南晴夏さん)に、 “鉄道オタク” のばんばさん(松井玲奈さん)。 “三国志オタク” のまやや(内田理央さん)に、アパートの管理人で “和物オタク” の千絵子(富山えり子さん)。

映画版の再現度もそれはそれはハイレベルで、目を見張るものがありましたが、ドラマ版もぜ~んぜん負けてはおりません。

【ばんばさんとまやや…役に溶け込みすぎ】

でっかいアフロヘアで顔が隠れている “ばんばさん” と、同じく長~い前髪で顔が隠れている “まやや” 。このふたりに至っては、演じる役者が役に溶け込みすぎて、誰なのかマジでわからない……!

ばんばさんを演じるのは、いつも清楚で可憐なイメージの松井さん。アフロ&ボーダートレーナー姿でいつも男っぽい口調の “ばんばさん” とは全く対照的で、イメージが結びつきません。

A post shared by 松井玲奈 (@renamatui27) on

そして、小悪魔ちっくな容姿が魅力の “だーりお” こと内田さんも、キャラが濃すぎる “まやや“ とは180度真逆な印象。

赤ジャージを身にまとい、奇妙な動きをしながら早口でまくしたてる “まやや” を観て、いったい誰が “だーりお” だと気がつくことができるでしょうか……。正直この変身っぷり、今年1番の驚きでしたわ!!!(2018年、まだ始まったばかりですけど)

【「稲荷さま」が稲荷さますぎる】

そのほか「完璧じゃん!」と思ったのは、泉里香さん演じる“女狐” こと稲荷翔子(いなり しょうこ)の役作りのクオリティーです。

グラマラスな美女であり、欲深き野心家。仕事を取るためには、いわゆる “枕営業” も厭わない。 “稲荷さま” の愛称で知られるこの役の再現度もまた、スッバラシイ!の一言。原作ファンも映画ファンもうなるほどのイケイケぶりだったんですよね……!

【美女っぷりにドキドキ♡】

そしてやはり “蔵子” の美女っぷりは触れずにいられないでしょう! 男性の姿のままでも王子様のように麗しい瀬戸さんですので、女装姿もひれ伏したくなるほどのまばゆさ

今すぐにでもお友達になりたいし、毎日のように一緒にお茶して、キャッキャウフフしたくなっちゃいます。

【サービスショットにもドッキドキ】

瀬戸さんに関して、わたしがもうひとつ驚いたのは服を脱いだときの体の引き締まり具合です。

ドラマ第1話、冒頭で貴重な半裸姿を見せてくれたわけなのですが……その背中の美しさに思わず見惚れてしまったのは、きっとわたしだけではないはず。瀬戸さん、そしてフジテレビさん。眼福すぎるサービスショットを、どうもありがとうございまっす!

初回から見どころ満載。ドラマ版『海月姫』が今後どんな展開を見せてくれるのか、とっても楽しみですね♪

参照元:フジテレビ、Instagram @princess_kurage @rio_uchida @renamatui27 @kinamitopan
画像= (c)フジテレビ
執筆=田端あんじ (c)Pouch