暑い時に食べたくなるのがアイスです。クリーミーなアイスも良しですが、スカッとサワヤカなアイスキャンディーが食べたくなったときに思いつくのが……そう、赤城乳業の『ガリガリ君』!

最もメジャーな味は青いソーダ味ですが、なななななんと! 本日2012年9月4日、前代未聞の「コーンポタージュ味」が全国発売されたのでした。もちろんPOUCH編集部もコンビニに走り即ゲット。

そして、一本のアイスをみんなで分け合いながら食べようと、ナイフでサクサク切り分けて、グラスやお皿に取り分けてみると――な、なんというオシャレさ! 「これ、ホントにガリガリ君!?」と、軽い衝撃を受けたのでした。さら~に!

いざ食べてみても、「これ、ホントにガリガリ君!?」といった斬新な味。コーンポタージュなんだけど、甘いデザートのようにも感じるし、北海道産のとうもろこしがプチプチ美味い! しかも、溶かして飲んだらこれまた美味い! ミルクセーキのような味でもあり、甘くてシャリシャリ、そしてまろやか! なんというか、「冷製コーンポタージュ風味のアイススムージー式デザート」といった塩梅です。

もちろん未だかつてない前代未聞のコーンポタージュ味なので「これ、ホントにガリガリ君!?」と思うことは当然なのですが、棒のまま食べるのとグラスなどに入れてから食べるのでは、これまた感じる味が違うのです。

もしもオシャレで高級なレストランで、自信満々に “オシャレなお皿にもったガリガリ君コーンポタージュ味” が出てきたら、「斬新な味のデザートですね! おいしゅうございます」と納得するしかないでしょう。はたまた、平皿に入れて「冷製スープでございます」ときても「すばらしい味でございます」となる美味さです。ガリガリ君のグラス入れorお皿盛り、みなさんも是非お試しください!

(写真、文=長州ちなみ

▼用意するのはグラスやコップ、あとはナイフだけ

▼ガリガリっとナイフを入れて……

▼6~8等分に切り分けましょう

▼そしてオシャレな容器に入れて完成ー!