街はハロウィン気分真っ盛り! 記者もハロウィンの飾りでも買って飾ってみようかと、うっかりハロウィン商戦に乗っかりそうになったのですが、「でも10月いっぱいしか使えないじゃーん。部屋が狭いからしまうところもないし。」と思いとどまりました。でも、やっぱりハロウィン気分は味わいたいもの。で、考えました。食べられるもので作っちゃえば良いって。

それで、レンジとトースターでできる超簡単スイートパンプキンで、一口サイズのかぼちゃのお化け=ジャック・オ・ランタンを作ってみましたよ。作ってみたい方のために、作り方を紹介します!


【材料】 一口大8個分
カボチャ 300グラム
バター 15g
バニラエッセンス 数滴
牛乳 大さじ1
ブランデーかウィスキー 大さじ2
シナモンパウダー お好みで
砂糖 お好みで
卵黄 1個分

【作り方】
1.

カボチャの皮をむき、細かく切ってシリコンスチーマーに入れてふたを閉め、カボチャがフォークで簡単につぶれるくらい柔らかくなるまでレンジで5〜8分加熱する。(シリコンスチーマーがない場合は、深皿に入れて、ラップをかけて加熱する。)カボチャの皮は飾りに使うため、一部を捨てないでとっておく。

2.
ボールや深皿に1と卵黄以外のすべての材料を入れる。この時、味見をしてカボチャの甘さを確認して砂糖を足すと良い。フォークでカボチャをつぶしながら、全体を良く混ぜて冷ます。

3.
ラップでくるんでおまんじゅう形に丸めた後、ラップの上から爪楊枝でカボチャの形に溝を作る。

4.
カボチャの皮をレンジで4分加熱し、ジャック・オ・ランタンの顔の形に切り取る。貼付けやすさを考えて、カボチャの皮はなるべく実の部分をスプーンでそいでおく。

5.
3に4を貼付けて顔を作った後、トースター用のトレイの上にクッキングペーパー(なければアルミホイル)をしいて、卵黄を刷毛で塗る。

6.
トースターでちょっぴり焦げ目がつくくらい(3分ほど)焼いたらできあがり!

いかがでしょうか。記者は5の段階で、「ジャック・オ・ランタンにはかわいげが足りない!」と思い始め、全然関係ないけどカボチャックマも作ってみました。スイートパンプキンは非常に簡単なので、皆さんも一度作ってみてください!

(文、写真=山川ほたる