photoshop2
Pouchでも何度も記事にしているフォトショップによる画像加工技術。肌はつややかに、目は大きく、鼻筋は高く、体はスリムに手足を長く……もはやそれは「修正」というよりは「整形」と呼ぶべきレベルに近いものも。

今回、YouTubeよりご紹介するのは、100歳の老婆の画像をフォトショップによって若返らせてみた動画

いったいどんなふうに変身するのか? プロの職人技、動画でとくとご覧あれ!

【老人の顔そのものだったのが……】

photoshop1
元の100歳のおばあさんの画像。顔全体に深く刻まれたシワ、浅黒くシミが浮き出た肌、口元のたるみなどはどれも老人特有のもの。動画にはここから加工されていく様子がすべて映し出されています。肌のシワやシミ、毛穴はすべて消し、垂れ下がったボサボサ眉毛は水平にして整えて。たるんでいた口元は口角を少し上げて血色ある色に。目元はアイラインやアイシャドウ、チークを入れてメイク顔に見せることも! そうして完成した作品は……うん、どう見てもこれは100歳には見えないっ!!

【まるで絵画のように!?】

別人のごとく若返ったおばあさんですが、画像加工の難しいのが“自然に見えるようにする”ということ。フォトショップに頼りすぎた画像は生身の人間ではないような不自然さが目立ちますが、今回の画像も加工しすぎて絵画のように見えなくもない……!?

まるで顔面の大手術ともいうべき画像加工。あまりにやりすぎると、人間らしさを失って不自然な見た目になる……というのは、フォトショップも実際の整形も同じなのかもしれません。そして、それでも当の本人は「美しくなれるならもっともっと」と望むようになることも。動画のタイトルは「100歳の老婆を若く美しくしてみた」となっていますが、たしかに若返ってはいるけれど果たして美しいのかどうか……皆さんはどう思う?

参照元:YouTube
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

▼100歳の老婆を若く美しくしてみた動画。フォトショップなら20代美女に若返らせることも可能!?