coffee1

朝の爽快な目覚めに、はたまた仕事中の息抜きに欠かせないコーヒー。「スタバやコンビニの淹れたてコーヒーもたまに飲むけれど、自宅や会社ではもっぱらインスタントコーヒー」という方も多いかもしれませんね。

このインスタントコーヒー、誰が淹れても、どうやって淹れても、同じ味だと思っていませんか? 記者(私)も同じだと思っていました。インスタントコーヒーが10倍美味しくなる淹れ方を知る前までは!

先日、コーヒー通の父親と話していたときのことです。

「粉を水で溶いてからお湯を注ぐと、インスタントが本格コーヒーになる」
記者「うそー、信じられない」
「騙されたと思って試してみなさい。本当に美味しくなるから」(ドヤ顔)

しぶしぶ教わった方法で淹れてみたところ、これが驚くほど美味しいのです! 香りからして違う……。でも一体どうして? 

それではさっそく、淹れ方のポイントをご紹介しましょう。

coffee2

●コーヒーカップ1杯分
お好みのインスタントコーヒー…ティースプーン山盛り 1杯
水…ティースプーン 1杯
熱湯…140cc

●淹れ方
コーヒーカップにインスタントコーヒーと水を入れて、ダマがなくなるまでスプーンでよく混ぜます。熱湯を注げば完成。

coffee3

本当にたったこれだけで、香りも味も、いつもとは10倍ぐらい違っちゃうんだから驚きです! ポイントは熱湯ではなく「水」で溶かすこと。

coffee4

それにしてもなぜ、水で溶かしてから淹れると美味しくなるのでしょう? この飲み方を紹介したNHKの番組「ためしてガッテン」によると、「コーヒーの粉にはデンプンが含まれているため、いきなり熱湯を注ぐと、粉の表面のデンプンが固まってダマとなり、粉っぽい味になる」ということです。

実際に友人にも試飲してもらったところ「水で溶いてから淹れるコーヒーの方が、熱湯をそのまま注いで作ったものよりも、香りも味もいい」と言っていました。

いつも飲んでいるインスタントコーヒーが、水一杯の手間で美味しくなるのだから、覚えておいて損はないはず! ぜひみなさんもお試しあれ。

参照元:nhk.or.jp
撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch