スクリーンショット 2015-12-24 20.36.51

日本テレビ系番組『月曜から夜ふかし』に出演し、一躍有名に。

14歳のときに漢検1級を取得した黒ギャル” として話題を呼んだ「あゆたま」さんが、動画サイトYouTubeでガングロメイク法を披露、レクチャーしてくれているよ!

【メイクよりも気になることがひとつ】

「あゆたま」さん特有の「デカ目」メイク術を公開しているのは、同サイトにて日本の “kawaii” メイクを発信している動画チャンネル、「KAWAII PATEEN」。

「付けまつげはカスタムしている。これは6枚重ねたもの」など、冒頭から衝撃発言がポンポン飛び出すのですが、まず驚かされるのは、その

【生活していて不便じゃないのかな……】

尋常じゃないほど長く、しかもよく見たら、アニメキャラのプレート(?)のようなものが先端に付いてるっ! 

この爪で、普段、いったいどうやって生活しているのか。記者(私)としては、むしろそっちのほうが気になってしまいます……。シャンプーとか、トイレとかさ。

【ガングロフェイスはファンデーションで作っていた!】

それはさておき。メイク術において衝撃だったのは、目元に関する事柄よりも、「ガングロはファンデーションで作っている」という事実。日焼けじゃないのね! なお「あゆたま」さん、元々は色白でした。

【随所にこだわりを感じます】

そして「ファンデーションはそのまま使うと色が濃すぎるから、他ブランドと混ぜて使う」などメイクに対してのこだわりも相当強いようで、彼女の発言にいちいち感心してしまいます。

長ーい爪でアイラインを引いて、つけまつげを付けるなど、メイクの細かな工程をこなしていくこと自体、ホント、スンゴイのよ。

【海外のみなさんの反応】

「彼女の美における価値観がすごく、興味深い」
「とてもクリエイティブ」
「鹿のようだ」
「理解できない」
「メイク、ものすごい。あの爪ですべてを行っていることも、すごい」
「あの爪はなんだ」
「どうやってコンタクトレンズ付けているんだろう」

と、このように、外国の視聴者のみなさまも続々驚きの声をあげており、再生回数も63万回超えと大人気。そして案の定、彼女の爪に注目している方が、多く見受けられました。

【勉強になる!!!】

動画では、ほかにも「真っ白なノーズシャドウ」「二重幅はシール3枚を使用して大きく」「下のアイラインはめちゃくちゃアウトライン気味に」「その中は白く塗りつぶす」などなど、オリジナリティー溢れるメイク術がたっくさん登場いたします。

ガングロギャルメイクを最初から最後まで観賞するなんてことは、私の日常生活において皆無だったので、ラストまで1秒たりとも目が離せませんでした。そして「あゆたま」さんの説明が、とってもわかりやすかった!

おそらくマネすることはないけれど、観ていてとっても興味深く、また楽しい。お時間のある際にぜひ、あなたもご覧になってみてね!

参照元: YouTube(KAWAII PATEEN)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼ガングロギャル、10代の頃にテレビでよく観てたわ……