昨年に引き続き、今年も開催中の「目黒川みんなのイルミネーション2017」。春はお花見の名所として有名な目黒川沿いの桜並木が42万個以上の桜色のLEDで彩られ、“冬の桜”として道行く人々の目を楽しませています。

実はこれ、地域の家庭や飲食店から集めた廃食油をリサイクルし、電力に活用する「100%エネルギーの地産地消」のイルミネーションなのだとか! なんてエコで素敵な輝きなんでしょう。

【今年も100%自家発電を実現】


昨年度は近隣マンションや飲食店など全12ヶ所から約5400リットルの廃食油を回収し、会場に設置した発電機により全電力をまかなったという「目黒川みんなのイルミネーション」

今年も地域で回収した廃食油をバイオディーゼル燃料にリサイクルし、100%自家発電でイルミネーションを点灯させているそう。

街への愛着や誇りを育み、地域の絆が深まる取り組みとして、冬の風物詩となりつつあるようです。

【フォトジェニックなガーデンイグルーも!】


さらに今年はフォトジェニックな「冬の桜」のお花見スポットとして、「ガーデンイグルー」と呼ばれるドームテントが五反田ふれあい水辺広場に登場!

「ガーデンイグルー」はビニール製のドームテントで、入口はファスナーで開閉できて、中では飲食も可能だそう。

SNS映えしそうなうえに、ここでなら寒さや天候を気にせずゆっくりと“冬の桜”のイルミネーションを鑑賞できますね! 設置期間は2017年12月27日まで(予定)。

【最寄りは五反田駅or大崎駅】

「目黒川みんなのイルミネーション2017」は2018年1月8日までの開催で、点灯期間は17時~22時まで(雨天決行。荒天時は除く)です。

最寄り駅はJR大崎駅または五反田駅。近くに行った際はぜひちょっと足をのばして“冬の桜”を楽しんでみてくださいね!

参照元:目黒川みんなのイルミネーション2017PR TIMES
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch