アメリカ・テキサス州ダラスに住むローマン・ミッチェル(Roman Mitchell)さんは、愛犬の並々ならぬ運動神経の良さを見せるために、動画撮影に挑みました。

カメラを手にしたミッチェルさんは、車の中でスタンバイ。外にいる愛犬に車窓へ向かって飛び込んでくるよう呼びかけると、ワンコは車へ向かって一目散!

【「いいね」の数がすさまじい!!!】

うまいこと窓から飛び込んできてくれたまではよかったのですが……。ワンコは「ガツン!」と大きな音を立てて、そのまま撮影中の携帯に体当りしてしまったのでした(笑)。

ミッチェルさんは撮影した動画を、ツイッターとインスタグラムで公開。「うちの犬は自分をコントロールできない」という旨のコメントを添えたツイートは、リツイート数18万超を達成。「いいね」の数は、なんと50万2000超(!)にまで及んでいます。

【座席がメタメタだお…】

飼い主に「自分のコントロールができない」と言われてしまったワンコは、たしかになかなかの暴れん坊のよう。

ミッチェルさんが続けて投稿した画像には車の座席がボロボロになっているショットがあって、見るも無残です。噛んだり、爪でひっかいたりしちゃったのかしらね?

【別のワンコからは「急所」を攻撃されてます】

またもうひとつ投稿されていた画像には、スケボーに乗るミッチェルさんの股間に噛みつこうとしている別のワンコのショットがありました。

そこには「うちの犬たちはボクのことが嫌いなんだ…ボクの愛は本物なのに」というつぶやきが添えられていて、ちょっぴり同情。そして同時にジワジワ。

いろんなことがあっても、ミッチェルさんは愛犬たちのことが可愛くてたまらない様子。ミッチェルさんちのワンコたち~、できたらあともう少しだけ、手加減してあげてね~!

参照元:Twitter @UpNcomin_RoInstagram @ro_mitchell
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼キミは元気いっぱいだね~!

▼インスタバージョンもどうぞ

▼急所はやめたげて

▼座席もドエライことに…