雑貨好き、本好き、紙モノ好きのあなたに届け!

2018年7月27日から29日まで、活版印刷の祭典「活版TOKYO 2018」が東京・神田神保町にて開催されます。活版職人さんの手による美しい紙製品を買ったり、実際に活版印刷にチャレンジしたりと、活版印刷の世界をまるごと体験できる3日間。大人の女子の夏休みにぴったりですよー!

【美しきいにしえの印刷技術、活版印刷】

今や印刷といえばDTP、つまりデジタルで作り上げるものだけど、かつては職人さんたちがハンコのような「活字」を組み上げて、文章を印刷していました。そのいにしえの印刷技術が、活版印刷です。

印刷された文字そのもののレトロさ、あたたかみのある凹凸、そして昔ながらの職人仕事というところ。デジタルにはない「よさ」を見出す人が増え、じわじわ人気を集めています。大掛かりな古い機械を使うこと、そしてその機械とともに失われつつある技術であることもまた魅力でしょう。

重厚感のある紙、センス良く配置された文字。個人的には、大事なときに大事な人に手渡したい紙モノとして、活版印刷でつくったものはナンバーワンです。デザイナーやライターなど、フリーランスの人が活版印刷の名刺を使っていたりして、「おっ」と思わされることがあります。

【マーケットで美しい活版印刷物に出会う】

さて今回で4回目の開催となる活版印刷の祭典「活版TOKYO」。

まずチェックしたいのは、活版職人たちが集う「活版マーケット」。会場には、日本各地から約40組の作家や工房が大集結。文字モチーフのものやイラストのもの、カードやノート、ポスターなど、職人さんたちそれぞれが意匠を凝らした製品が販売されます。

1枚1枚、手仕事で刷られた活版印刷物には、不思議な魅力があります。暑中お見舞いやバースデーカードに、結婚や出産のお祝いにも喜ばれそうです…! ちなみに私は以前、ある活版印刷の展示会に行って1枚のカードにひと目惚れ。気持ちが高ぶって、クリスマスカードとして恋人に筆をしたためたことがありました(遠い目)。

今回のマーケットでも、きっと素敵な出会いがあるはず!

【活版TOKYO2018出展者ご紹介】  [Echos Design & Letterpress ]@echos_osaka   誰もが自由に活版印刷を使って制作できるワークスペースとして2017年9月にオープン。  手間や時間をかけなくても誰かと繋がれる今、 想いを込めて誰かに伝えたくなるお手紙や、 誰かと共有したくなる紙ものを提案しております。  #活版印刷 #活版tokyo #活版 #letterpress #レタープレス #凸版印刷 #凸版 #東京 #神保町 #tokyo #japan #印刷 #summer #夏 #神保町三井ビルディング #テラススクエア #活版TOKYO2018 #活字 #echos #大阪 #ワークスペース

A post shared by 活版TOKYO (@kappan.tokyo) on

【ワークショップで活版印刷を実体験】

また、活版印刷を体験できる様々なワークショップも、この祭典の魅力のひとつ。実際に手動活版印刷機を使って、ノートに活版の装飾をつけたり、自分で選んだ文字を組み合わせた140字をカードにしたりできます。昔ながらの技術を間近で体感することで、活版印刷の魅力をよりいっそう味わえること間違いなし!

【活版TOKYO2018出展者ご紹介】  [NINELETTERPRESS] @nine_letterpress   熊本県天草でWOODTYPEを使って ポスターをプリントしています。  活版TOKYOではポスターの販売ならびに今回も WOODTYPEを使ったオリジナルポスターのワークショップを開催します。  お問合せ・ご予約は (nineletterpress@gmail.com)まで。   #活版印刷 #活版tokyo #活版 #letterpress #レタープレス #凸版印刷 #凸版 #東京 #神保町 #tokyo #japan #印刷 #summer #夏 #神保町三井ビルディング #テラススクエア #活版TOKYO2018 #活字 #nineletterpress #nineletterpressposter #woodtype #九州活版印刷所 #ポスター #ワークショップ

A post shared by 活版TOKYO (@kappan.tokyo) on

【活版印刷のステキさを味わえる3日間】

ほかにも有名クリエイターが活版技術を使って作品を制作・販売する「活版 Meets Creators」、トークショーに展示と、さまざまな見所が用意されているこのイベント。「製版屋やデザイナーなど印刷に関わる作り手と、印刷や紙に興味のある方が直接出会い、より身近に活版印刷の魅力を感じ触れてほしい」との思いがベースになっているとのことです。

イベントが開催される神保町もまた、大学や古書店、出版社や製本・印刷屋さんが集まる、活版印刷にとてもゆかりの深い街。レトロな街並みを散歩しつつ、古本屋さんや喫茶店巡り(私のオススメは老舗喫茶「さぼうる」!)と合わせて、お出かけしてみてはいかがでしょう。

入場無料。会場は神保町三井ビルディングとテラススクエアの2か所(隣接しています)、いずれも地下鉄神保町A9番出口が便利です。

【イベント詳細】
活版TOKYO 2018
日程:2018年7月27日(金)~29日(日)
会場:神保町三井ビルディング会場……東京都千代田区神田神保町1-105
テラススクエア会場……東京都千代田区神田錦町3-22
時間:27日 12:00~19:00、28・29日 11:00~17:00
入場料:無料

執筆=大村タマ (c)Pouch

▼100%オレンジなど、人気クリエイターとコラボした、イベント限定グッズの販売も。

▼雑誌「大人の科学」からは、人気の「小さな活版印刷機」特設ブースが登場!

▼世界中の活版の作品が見られる展示「世界の活版展」も。

【世界の活版展】出展者ご紹介 . LetterpressAmsterdam(オランダ) . @letterpressamsterdam のトーマス・グレーヴメーカーは、広範囲に渡るレタープレスとグラフィックデザインの経験と知識を持ち、長年イギリスで多岐に渡る出版社の仕事をしてきました。デザインスタジオのマネージャーを務め、テムズ&ハドソンでのシニア・デザイナーとしての数年間経験を積み、フランスで自身のスタジオ(www.tomscot.org)を立ち上げます。 フラマリオン、パレ国立ギャラリー、パリミュージアム、スコットランド国立美術館などの本やエキシビジョンデザイン、そして広報資料を制作し、ロンドンやパリ、エジンバラで過ごした後、自身の技術を伸ばし磨き上げる為にアムステルダムへ戻り、ワークショップを始めました。このワークショップでは、知識とレタープレスへの情熱を共有しつつ、新しい手法と昔ながらの手法を組み合わせ、技術的にも審美的にも常に高水準で感動を与える作品を創り出しています。また、多数の国際的なレタープレス・プリンティングにまつわる活動やプロジェクトに精力的に関わっています。 鍛え上げた熟練の技術に裏打ちされた作品をぜひご覧ください! Website www.letterpressamsterdam.com . #活版TOKYO #kappantokyo #活版TOKYO2018 #letterprerssamsterdam #holland #活版印刷 #活版 #レタープレス #letterpress #凸版印刷 #凸版 #印刷 #活字 #東京 #神保町 #テラススクエア #tokyo #japan

A post shared by 活版TOKYO (@kappan.tokyo) on