【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018年8月17日公開)です。こちら公開初日に映画館で鑑賞して来ました!

本作は、空知英秋の同名原作の中から「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を合体させたもの。原作は未読で、前作の『銀魂』は見ているというハンパな私ですが「原作を知らない人でも楽しめるかどうか」の視点で本音レビューしたいと思います。では物語から。

【物語】

舞台は幕末。かぶき町で暮らす、万事屋の銀時(小栗旬)、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)は、家賃が払えないためキャバクラでバイトすることに。そこに客として現れたのは、警察組織の頂点・松平片栗虎(堤真一)と将軍・徳川茂茂(勝地涼)。絶対に失敗できない環境で、キャバ嬢として奮闘する銀さんと新八の行方はいかに。

一方真選組では、局長の近藤勲(中村勘九郎)の暗殺計画が水面下で進んでいました。そんな真選組の大ピンチにもかかわらず、いつも厳しい鬼の副長こと土方十四郎(柳楽優弥)は、ヘタレのアニオタな性格になり、大暴走の結果、真選組をクビになってしまうのです。

【冒頭から畳み掛けるギャグ攻撃!】

前作がヒットしたのに、日本アカデミー賞にスルーされた小栗旬の愚痴から物語は始まります。そんなプロローグで笑いのツボを押さえられ「貧乏過ぎてバイトせにゃ生きていけん!」というわりに能天気な銀時、新八、神楽のやりとりにクスクス。

キャバクラバイトでは、銀時と新八となぜか桂小太郎(岡田将生)も参戦し、女装感満載のキャバ嬢姿で接待する展開にゲラゲラ。前半、万事屋メンバーのシーンは、ほぼコント。畳み掛けるギャグ攻撃にやられっぱなしでした。

【後半はギャグ封印! イケメン役者の演技にグッとくる】

真選組の近藤勲の暗殺計画が本格化するあたりから、ドラマが加速していきます。伊東鴨太郎(三浦春馬)の企みに気付き、命懸けの闘いを挑む沖田総悟(吉沢亮)。

そして後半、銀時とタイマンで闘う河上万斉(窪田正孝)。この三浦、吉沢、窪田の3大イケメンは、ギャグを封印して終始クールに演じ切り、女子たちをキャーキャー言わせています! そして役者の衣装でもある真選組の制服姿や、万斉のレザースーツ姿は似合う上にかっこいい。女性ファンのための眼福タイムともいえましょう。

【柳楽優弥の大熱演に感服!】

土方十四郎も本来はクール枠の人なのですが、本作では伊東の罠にはまり、マイクロチップを体内に仕込まれて、アニメオタク「トッシー」という人格に支配されます。トッシーになっているときの土方は、アニオタ魂を炸裂させて、エヴァンゲリオン、ワンピース、カメラ小僧、同人誌などのアニメ話が止まらず、別人のように饒舌。

けっこう笑わせてくれるんですが、ときどき土方の本来の人格が顔を出し、「真選組を守ってくれ」と銀時たちに懇願するんです。トッシーに乗っ取られていく土方の苦しみを思うと……泣ける。演じる柳楽優弥さんは、二つの人格を行ったり来たりする大熱演で、役者魂を見せていただきました!

【NGギリギリのパロディも!】

パロディも満載で、某映画のネコバスにそっくりな「アライグマバス」が登場したり、近藤が監禁された列車を銀時たちが追いかける展開では『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の砂漠チェイスをパクったり。でも、アニメ版『銀魂』もけっこうパロディやっているようなので、これが『銀魂』の世界なのかと。「ヤバ~イ」と言いながら笑ってました。

総じて、前作よりもパワーアップして楽しかったのですが、残念だったのは、前半の軽快なテンポが、後半の感動ドラマになると失速してしまうことです。個人的には、伊東の悲しい過去、銀時と万斉の対峙シーンなど、説明セリフが多く、足踏みしていると感じました。前半のテンポのまま、後半も一気に見せきっていれば、傑作になったのに~。あと盛りだくさん過ぎて、銀時の見せ場が少なかったようにも感じましたね。

とはいえ、オモチャ箱をひっくり返したような映画ですから、原作未読でもOK! 福田雄一監督の描く『銀魂』ワールドに気持ちよく乗っちゃってください。

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

銀魂2 掟は破るためにこそある
(2018年8月17日より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー)
監督:福田雄一
出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、長澤まさみ、岡田将生、夏菜、戸塚純貴、ムロツヨシ、キムラ緑子、佐藤二朗、中村勘九郎、堂本剛、堤真一
©空知英秋/集英社 ©2018映画「銀魂2」製作委員会

▼予告編

▼初心者向け予告編

▼メイキング

▼公式インスタも必見です

View this post on Instagram

🌀 ‪\\✨出演決定✨//‬  ‪「攘夷志士の中で最も過激で最も危険な男」と言われ、かつて銀時( #小栗旬 )らとともに攘夷戦争に参加した過去を持つ高杉晋助役で‬ ‪#堂本剛 さんの出演が決定ィィィ‼️‼️‬ ‪堂本さんも✌️  ‪高杉ビジュアルのムビチケは7/13(金)発売ッ‬‼️‼️  堂本剛さんコメント📝 「今回、久しぶりの高杉役でしたが、特別な違和感もなく役に入ることができました。  撮影中は監督から、感情が入り過ぎないようにと話もあり、 僕自身、高杉は色々なことから距離をとって演じた方がいいと思っていたので、 あまりしたたかに演じてしまわないように撮影中は常に意識し演じました。 銀魂のような作品で、第一線でお芝居をされている方とご一緒できることはとても嬉しいです。 前作に引き続き、今回も三味線を弾くシーンもあります。 皆さんにはこのシーンも含めて、続編を楽しんでいただけたら嬉しいです」   #映画銀魂 

A post shared by 映画『銀魂2』公式 (@gintamafilm) on